検索
  • taked65

Hi net 自動処理震源マップ最新7日間で非常に大きな増加

HI-net自動処理震源マップの「最新7日間」で非常に大きな増加。数日中にはM7以上が起こる可能性が大変に高い。

自分が見ることができるネットのデータが細工されたものである可能性もあるのですが、以下の様な異常が出ています。

昨日1120日朝から今朝にかけて、Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値はあまり大きな変化はなく、「最新7日間」で大きな増加が出ています。

「最新24時間」昨日07:15=今朝06:15
「日本全国広域」249=248
「日本全国拡大」243=244
「北海道」    18= 11
「東日本」   158=164
「本州中部」   92=120
「西日本」    80= 87

「最新7日間」昨日07:15=今朝06:15
「日本全国広域」1862=3605
「日本全国拡大」1827=3434
「北海道」    108= 166
「東日本」   1135=1885
「本州中部」   743=1212
「西日本」    630=1097

上にあるように、「最新24時間」の変化は最大が「本州中部」の増加28で、これぐらいの変動は日常的に見られるものです。
しかし、「最新7日間」の変動は、「日本全国広域」で1800程度の増加、「東日本」で750の増加です。しかも、特にこの数日、大きな地震が起こったわけではありません。この4月から7月にかけて起こった長野県中部での連続地震のようなものが起こったわけではないのです。

以下に、大きな地域別の過去8日間の「最新7日間」のだいたい07:00頃の値の推移を示します。

「日本全国広域」「最新7日間」
1121日:3605(前日から1743の増加)
1120日:1862
1119日:1839
1118日:1987
1117日:2122
1116日:2492
1115日:2769
1114日:3063

「日本全国拡大」「最新7日間」
1121日:3434(前日から1607の増加)
1120日:1827
1119日:1809
1118日:1954
1117日:2075
1116日:2443
1115日:2705
1114日:2976

「北海道」「最新7日間」
1121日: 166(前日から58の増加)
1120日: 108
1119日: 112
1118日: 133
1117日: 136
1116日: 152
1115日: 159
1114日: 175

「東日本」「最新7日間」
1121日:1885(前日から750の増加)
1120日:1135
1119日:1119
1118日:1209
1117日:1264
1116日:1506
1115日:1581
1114日:1729

「本州中部」「最新7日間」
1121日:1232(前日から489の増加)
1120日: 743
1119日: 762
1118日: 808
1117日: 848
1116日:1001
1115日:1096
1114日:1207

「西日本」「最新7日間」
1121日:1097(前日から467の増加)
1120日: 630
1119日: 625
1118日: 665
1117日: 717
1116日: 801
1115日: 937
1114日:1032

上にあるように、今朝1121日の値は1114日の値とある程度同じです。しかし、「日本全国広域」で、今朝は前日から1743の増加のようにあまりに一日での変化幅が大きいのです。

「最新7日間」で変化が大きく、「最新24時間」であまり変化がないので、多分大きな変化が起こっているのは、比較的深い地震、または陸域ではなく沿岸部か海域での地震です。

「最新7日間」の県別の変動を見ると、昨日朝から今朝で減少したのは「北海道中部(北)」の18→16の減少02のみです。

「最新7日間」県別で最も増加幅の大きかったのは、
「鹿児島県」133→582(増加449)
です。

「鹿児島県」以外で100以上の増加があったのは、次の10地域です。

「茨城県」410→511(増加101)
「長野県」261→365(増加104)
「大阪府」114→281(増加167)
「兵庫県」 96→200(増加104)
「奈良県」108→257(増加149)
「和歌山県」53→184(増加131)
「徳島県」 62→165(増加103)
「熊本県」215→317(増加102)
「宮崎県」266→396(増加130)
「沖縄県」 35→168(増加133)

50以上100未満の増加は次の19地域です。
「岩手県」122→179(増加57)
「宮城県」 95→160(増加65)
「福島県」278→362(増加84)
「栃木県」301→376(増加75)
「群馬県」152→228(増加76)
「埼玉県」186→238(増加52)
「新潟県」 67→132(増加65)
「富山県」215→303(増加88)
「山梨県」223→287(増加64)
「岐阜県」229→324(増加95)
「静岡県」212→281(増加69)
「愛知県」192→262(増加70)
「三重県」 90→152(増加60)
「滋賀県」 99→163(増加64)
「京都府」 71→132(増加61)
「香川県」 41→ 92(増加51)
「佐賀県」144→205(増加61)
「長崎県」 56→112(増加56)
「大分県」240→301(増加61)

以上のように、全国的に大きな増加があり、日本列島のどちらかといえば中央付近での大地震の前兆である可能性が大きいです。

111213:00のHi-net自動処理震源マップの「最新24時間」、「日本全国広域」で、相模トラフとほぼ平行に伊豆半島の南端付近から震源深さ100キロ程度のドットが4個並ぶ状況があり、また、11月の関東地方の震度1以上地震の地震数が10月から見て半減しているため、関東付近での大きな地震が切迫している可能性が高いです。

今後、24時間から2週間程度で、例えば伊豆鳥島での大津波を伴ったM7以上地震とか、東京湾北部の震源深さ70キロから90キロ程度のM7地震などがあり得ると思います。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナはコウモリ由来なのだろうか?

新型コロナウイルスは中国のコウモリから人間へ感染性を獲得したと言われていますが本当でしょうか。 もしこれが本当なら 人間からコロナウイルスが方向を逆にして感染を拡大をしていることがあってもいいはずです。実際にフェレットは北欧で新型コロナにかかったとして何十万匹もが処分をされました。しかし中国でコウモリ狩りが行われているという話は出てきていません。コウモリは関係がない。 インドの研究者の方たちが発表

2021年1月7日の地震の起こり方:東日本でかなり大きな地震

2021年1月7日の地震の起こり方 本日1月7日07:15のHi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値がかなり減少しています。前回ほぼ同程度まで減少した12月17日同時刻には、同日夕方に茨城県南部M4.6、最大震度4、翌日12月18日には伊豆大島近海M5.0、最大震度5弱が発生しています。しかし、今回は次に述べる状況があり、より大きな地震になる可能性が高いです。 先ず、Hi-ne

2021年1月4日の地震の起こり方

Hi-net自動処理震源マップ最新七日間で昨日1月3日に比べて本日1月4日の07:15の東日本の値が約300減少しています。2387から20072への減少です。本州中部も同程度の減少です。西日本は100減少していません。 そのため本日から明日にかけて関東から中部で比較的大きな地震が起きる可能性が高いです。

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com