検索
  • taked65

Hi net 自動処理震源マップの微小受信数が大きく減少

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」で大きな減少!

一昨日516日の朝の値に比べて、昨日17日及び今朝18日のN=の値(震度1以上を含めた、震度を感じない微小地震の数)がかなり大きく減少しています。最近の千葉県地震の頻発から考えて、関東付近での大きな地震、特に東京湾北部とか千葉県北西部あたりの地震の可能性があります。

Hi-net自動処理震源マップ「最新24時間」
=======16日→17日→18日(07:15頃の値)
日本全国広域:31925922716日から減少092)
日本全国拡大:31925522016日から減少099)
北海道   :01502901316日から減少002)
東日本   :22616713916日から減少087)
本州中部  :12209008316日から減少039)
西日本   :08807507116日から減少017)

最近の平常値は16日の値です。そのため、今朝18日の値は日本全国広域で100程度の減少であり、その大部分が東日本の減少であることが分かります。そのため、東日本でのかなり大きな地震が数日中に起こる可能性が高いです。
なお、213日の福島県沖M7の時も、前日の朝から見てある程度大きな減少(「日本全国広域」で30程度の減少)がありました。但し、この時は1月半ばからかなりN=の値が減少する状況が一月程度続き、その後、福島県沖や宮城県沖でM7クラスの連続になったのです。

なお、夕方の値(19:15)も減少しています。516日から見て、昨夜17日の値は次のようでした。

Hi-net自動処理震源マップ「最新24時間」
=======16日→17日(19:15頃の値)
日本全国広域:313225(減少88)
日本全国拡大:309224(減少85)
北海道   :021025(増加04)
東日本   :214128(減少86)
本州中部  :113086(減少27)
西日本   :091082(減少09)

今回、1月中旬の減少と同じく、直ぐには大きな地震が起こらず、N=の値が小さい状態が一ヵ月程度継続した後に大きな地震につながる可能性もあります。ただ、減少幅がかなり大きいため、比較的早い時期に大きな地震になる可能性が高いと思います。


今年になってからのM6以上の地震の前兆現象です。

202102132308分頃		福島県沖		M7.3	6強  
一ヵ月程度前から「日本全国広域」などのN=の値が平常値から見て5080程度減少。

202103201809分頃		宮城県沖		M6.9	5強  
314日から「日本全国広域」などで平常値から50程度以上の増加が3日間継続し、同18日に平常値に戻ってから二日後に発生。

202103270702分頃		宮古島北西沖	M6.2	2  	
326日の朝と夕方の「西日本」のN=の値が、前日に比べて20程度増加。

202105011027分頃		宮城県沖		M6.8	5強 	  
51日の朝、「日本全国広域」及び「東日本」のN=の値がそれぞれ40程度減少。

202105140858分頃		福島県沖		M6.0	4 	  
特に変化なし。

上にあるように、M6.0程度では前兆として現れないことがあり、M7クラスではかなり大きな変動が出ます。
閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件