検索
  • taked65

厳冬予測

2021年から2022年にかけて厳冬が来る予測

今年、20217月から8月にかけて、南半球は冬ですが、南アフリカでの冷害がとても苛酷なものになっているそうです。雪がかなり積もっています。南アフリカは緯度がかなり赤道に近く、南緯30度程度に位置します。北緯30度は屋久島付近が該当するわけで、指宿市などは、より赤道から離れた位置になります。つまり、この年末からの冬は指宿でも雪が積もる可能性が高いのです。

この7月から8月にかけて、南アメリカでも相当な冷害が起こっています。ブラジル南部でも7月末に雪が降ったということで、コーヒーの収穫がほぼダメになったとのこと。南半球の南緯45度付近よりも南極に近い地域は南極からの寒気が下がってきていて、南米大陸の半分以上の地域で相当な例外が起こっている様子です。小麦などの価格も上がっていくでしょう。

この意味でも、この2021年の11月以降は相当に気温低下が起こると思えます。冷害に備えるべきです。冷害に強い品種を栽培したり、降雪に耐える設備を用意する必要があると思います。
閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件