検索
  • taked65

2021年8月前半の地震の起こり方のまとめ

8月前半の地震の起こり方まとめ
EMSCの地震データで調べると、この8月前半はM7以上地震が世界で5件も発生しています。7月下旬にはアラスカでもM7があり、半月ほどの間に6件のM7が発生していて、大きな地震の多発傾向が出てきているように思います。

(*以下のデータは日本気象協会の地震情報サイトからのものです。)
202107291516分頃		アラスカ半島	M8.2		  
202108120246分頃		フィリピン付近	M7.2		  
202108130332分頃		南大西洋		M7.5		  
202108142058分頃		アリューシャン列島	M7.0		  
202108142129分頃		中米ハイチ		M7.2		  


その影響がある程度あると思いますが、日本での地震の起こり方も、かなり異常があります。最もそれが出ているのが関東地方です。
以下は、815日までの関東地方の震度1以上地震の一覧です。

*各行末の数字1とか2は最大震度。

202108021724分頃		千葉県東方沖	M3.6	2	  
202108030035分頃		茨城県沖		M4.7	1	  
202108031628分頃		茨城県沖		M4.6	1	  
202108031929分頃		茨城県沖		M5.1	2	*M5以上	  
202108032017分頃		茨城県沖  	M4.4	1	  
202108040533分頃		茨城県沖		M6.0	3	*M5以上	  
202108040539分頃		茨城県沖		M4.7	1	  
202108040543分頃		茨城県沖		M5.6	2	*M5以上	  
202108040711分頃		茨城県沖		M4.9	1	  
202108041156分頃		茨城県沖		M5.0	2	*M5以上	
*
202108041340分頃		茨城県沖		M5.8	2	*M5以上	  
202108041508分頃		茨城県沖		M4.9	1	  
202108041515分頃		茨城県沖		M4.6	1	  
202108041826分頃		茨城県沖		M4.7	1	  
202108041928分頃		茨城県沖		M4.6	1	  
地震空白期:5日間:0805日から809202108100115分頃		茨城県沖		M4.0	1	  
202108110336分頃		茨城県沖		M3.0	2	  
202108120046分頃		千葉県東方沖	M2.7	1	  
202108122036分頃		千葉県南東沖	M4.2	2  
202108130948分頃		茨城県沖		M3.8	2	  
*
202108131841分頃		茨城県南部		M3.0	1	  
地震空白期:2日間:0814日から815日

全体で21件(陸域:1件、海域:20件)・(震度112件:57%)・(M4以上:16件:76%、陸域:0件、海域:16件)

目立つのが茨城県沖であり、21件中4件を除いた17件が茨城県沖です。これ等の地震は鹿島第一海山と言う日本海溝(東日本の太平洋沖で太平洋プレートが東日本が載っている陸のプレートの下へ沈み込みをしている海溝)の南端で日本海溝に半分沈み込みをしかけている海山とほぼ同じ緯度で、より日本列島に近い経度で起こっています。多分、鹿島第一海山からの太平洋プレートの沈み込みを受けて、そこの固着域からの西向き圧力が大きくなり、それで発生している地震です。震源深さは、気象庁の発表によると、5キロとか7キロとから17キロとか19キロ程度の深さです。
上のような関東地方の地震の起こり方の問題は、海域での地震が大部分で陸域が1件しかないことです。通常はほぼ同数ぐらいが発生しているため、陸域での大きな地震が起こりやすくなってきていると思われます。ただ、どの程度それが切迫しているかははっきりしません。

本日816日、滋賀県北部でM4地震が連続しました。滋賀県北部でM4以上地震が発生することはかなり珍しく、311以降では2014年に2件あっただけです。滋賀県北部は若狭湾に近く、西日本と東日本の接続部であるため、東日本にかかっている大平洋プレートからの西進圧力が最も歪みとして出やすい地域です。この地震が起こると、日本各地でM6程度の比較的大きな地震が起こりやすい傾向があります。

なお、311が発生した2011年の前年である201012月には父島近海でM7が発生し、その後数十件のM5以上の余震が発生しました。このことは、311大地震の前に、太平洋プレートが伊豆・小笠原海溝からかなり沈み込みをしたということだと思います。

今回のM7規模の大地震の連鎖の内、余震が最も多く起こっているのは南大西洋のもので、南アメリカ大陸の南端の東方沖合でのものです。そのため、大西洋中央海嶺の活動がかなり活発化している可能性があります。そして、その結果、大西洋の海底が拡大し、南北のアメリカ大陸が東へ押しやられ、環太平洋火山帯に近い所でM7が多発しているのではないかということです。

ところで、EMSCで見ると、今年はM7が既に14件も発生しています。M7程度の地震が多発した後に、M9規模の大地震が発生する傾向があります。
以下はEMSCで年毎のM7以上地震の件数を一覧にしたものです。2004111日から今年816日までのものです。

2004年:09件(年間換算すると約40件:2004年の11月が6件、12月が3件。1226日にM9が発生。)
2005年:11件
2006年:11件
2007年:18件
2008年:13件
2009年:16件
2010年:23件(年間を通して、7月の4件が最多)
2011年:19件(1月:3件、2月:0件、3月:4件。311日にM9発生)
2012年:17件
2013年:19件
2014年:12件
2015年:18件
2016年:17件
2017年:08件
2018年:18件
2019年:10件
2020年:08件
2021年:14件(年間換算すると約21件)

20041226日のスマトラ島沖M9の時は前月である200411月にM7以上地震が6件と言う多発でした。2011311日の日本でのM9の時は、前年の2010年に年間を均して23件の多発でした。今年2021年はこの8月前半に多発傾向があり、200411月と似ていると言えば言えそうです。

M9は太平洋を挟んで東西とか南北で交互に起こる傾向があり、前回は日本でしたから、次はどちらかと言うと、南北アメリカ大陸で発生する可能性が大きいと思われます。

なお、M9よりもM7の方がずっと発生確率は高いため、首都圏でM7が発生する可能性の方が、南北アメリカ大陸でM9が発生する確率よりも1000倍程度大きいです。
閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件