検索
  • taked65

2020年6月4日の地震の起こり方

2020年6月04日 07:35現在の地震の起こり方について: 昨日6月3日は、東北地方で震度1以上のM4地震が3件も発生しました。福島県沖M4.9、岩手県沖M4.1、岩手県沖M4.0です。このため、本日は東北の南北の両隣の地域である関東と北海道で比較的大きな地震が起こりやすいと思います。関東については、05:31に茨城県沖M4.7が発生していますが、今後も要注意だと思います。 「山梨県」の「最新7日間」06:00頃のN=の値の推移: 5月27日:0377 5月28日:0393(増加16) 5月29日:0432(増加39) 5月30日:0645(増加213) 5月31日:0741(増加96) 6月01日:0925(増加184) 6月02日:1021(増加96) 6月03日:1098(増加77) 「山梨県」の増加がこのまま継続して、2000を超えるようなことがあると、糸魚川静岡構造線のような中部地方を南北に縦断するような構造線でのかなり大きな地震に結びつく可能性があると思えます。ただ、その可能性はまだ小さいと思います。 *日別の岐阜県飛騨地方+長野県中部地震の数: 5月28日:00件(3日間移動合計:04件) 5月29日:09件(3日間移動合計:11件) 5月30日:05件(3日間移動合計:14件) 5月31日:01件(3日間移動合計:15件) 6月01日:02件(3日間移動合計:08件) 6月02日:00件(3日間移動合計:03件) 6月03日:01件(3日間移動合計:03件) 4日間地震数が減少した状態が続きましたので、そろそろ多発する頃だと思われます。 「福島県」06:00頃の値 5月29日:379(前日との差:増加14) 5月30日:345(前日との差:減少34) 5月31日:346(前日との差:増加01) 6月01日:328(前日との差:減少18) 6月02日:343(前日との差:増加15) 6月03日:353(前日との差:増加10) 6月04日:351(前日との差:減少02) 「茨城県」06:00頃の値 5月29日:588(前日との差:増加19) 5月30日:555(前日との差:減少33) 5月31日:562(前日との差:増加07) 6月01日:542(前日との差:減少20) 6月02日:547(前日との差:増加05) 6月03日:545(前日との差:減少02) 6月04日:539(前日との差:減少06) 「千葉県」06:00頃の値 5月29日:288(前日との差:減少02) 5月30日:284(前日との差:減少04) 5月31日:289(前日との差:増加05) 6月01日:291(前日との差:増加02) 6月02日:289(前日との差:減少02) 6月03日:283(前日との差:減少06) 6月04日:287(前日との差:増加04) 「東京都」06:00頃の値 5月29日:169(前日との差:減少06) 5月30日:160(前日との差:減少09) 5月31日:160(前日との差:増減なし) 6月01日:150(前日との差:減少10) 6月02日:143(前日との差:減少07) 6月03日:143(前日との差:増減なし) 6月04日:157(前日との差:増加14) 「埼玉県」06:00頃の値 5月29日:330(前日との差:減少02) 5月30日:314(前日との差:減少16) 5月31日:286(前日との差:減少28) 6月01日:263(前日との差:減少23) 6月02日:248(前日との差:減少15) 6月03日:259(前日との差:増加11) 6月04日:264(前日との差:増加05) Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値: 昨日06:15→本日05:45での比較 「最新24時間」:ーーーーーーーー(本日の変化:昨日の変化:一昨日の変化) 「日本全国広域」:362→495(増加133:減少124:減少085) 「日本全国拡大」:357→490(増加133:減少120:減少092) 「北海道」   :009→019(増加010:減少005:減少007) 「東日本」   :275→367(増加092:減少057:減少124) 「本州中部」  :223→326(増加103:減少053:減少136) 「西日本」   :084→115(増加031:減少063:増加044) 豊後水道あたりでの比較的大きな地震の発生はありませんでしたが、今朝6月4日を「高知県」(増加15)、「福岡県」(増加17)、「大分県」(増加16)であるため、豊後水道付近での比較的大きな地震発生の可能性は依然として高いと思います。 本日6月4日は全ての地域で増加であり、その変動幅も昨日のそれよりも大きいため、明朝までにM5以上地震が日本の陸域、沿岸部などで起こってしまう可能性がかなり高いです。特に、関東から中部での発生の可能性が高いと思います。どちらかというと、豊後水道よりも関東から中部でのM5以上の可能性の方が高いと思います。 「長野県」、「最新7日間」の増加幅の変動 ==========05:45頃の値=前日との差(「前日との差」の値の変動値) 5月28日:2492=0387(ー1286) 5月29日:2401=0091(ー296)岐阜県飛騨地方5.2 5月30日:2513=0112(+21) 5月31日:3191=0678(+566)十勝沖5.8 6月01日:4079=0888(+210)茨城県北部5.3、薩摩半島西方沖4.3、日向灘4.0 6月02日:4417=0338(ー550) 6月03日:4492=0075(ー263)福島県沖4.9、沖縄本島北西沖4.6、岩手県沖4.1・4.0 6月04日:4624=0132(+57)沖縄本島北西沖4.6、茨城県沖4.7 「最新7日間」:15以上変動があった地域: 「富山県」:4426→4554(増加128) 「石川県」:4306→4428(増加122) 「山梨県」:1098→1178(増加80) 「長野県」:4492→4624(増加132) 「岐阜県」:4518→4654(増加136) 「高知県」:075→090(増加15) 「福岡県」:235→252(増加17) 「大分県」:313→329(増加16) 「宮崎県」:538→593(増加55) 「鹿児島県」:522→579(増加57)

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月28日の地震の起こり方

2020年10月28日の地震の起こり方 昨日27日から引き続き、東北地方での震度1以上地震の多発が継続しています。 また、今朝28日の07:00で、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」のN=の値が、「宮崎県」、「鹿児島県」で昨日06:45現在のN=の値と比べると、約70の増加です。これはかなり大きな増加で、九州南部付近で比較的大きな地震が起こりやすくなっています。Hi-net自動処理震

2020年10月27日の地震の起こり方

2020年10月27日の地震の起こり方 昨日10月26日から東北地方で地震が頻発しています。 東北地方では、震度1以上の地震の発生がない地震空白期が 10月19日から25日までの7日間 ありました。 そして、10月26日からの二日間で既に5件の東北地方の地震発生があります。 2020年10月26日06時18分頃 福島県沖 M4.2 1 2020年10月26日18時03分頃 福島県浜通り

2020年10月26日の地震の起こり方

2020年10月26日の地震の起こり方 東北地方で震度1以上の地震が次の地震以降、既に7日間発生がありません。 2020年10月18日09時06分頃 岩手県沖 M3.7 1 東北地方は比較的地震が多く発生していて、このように空白期間が7日間あったことは、この2年間で2回目です。前回は今年6月4日から同10日までの7日間でした。この7日間、日本全国での震度1以上地震の発生数は24件でしたが、1

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com