検索
  • taked65

2020年4月10日の地震の起こり方

2020年4月10日 07:15現在の地震の起こり方について: 昨日4月9日から今朝4月10日にかけて、関東付近の地震ばかりが発生しています。 2020年04月09日 00時29分頃 岩手県沖 M3.6 2 2020年04月09日 00時53分頃 茨城県北部 M2.5 1 2020年04月09日 10時55分頃 茨城県北部 M2.1 1 2020年04月09日 12時12分頃 静岡県東部 M3.9 2 2020年04月10日 00時46分頃 茨城県沖 M4.0 2 2020年04月10日 01時57分頃 山梨県中・西部 M2.0 1 上にあるように、昨日00:53以降は茨城県、静岡県、山梨県と続いています。このように関東付近に集中することは比較的珍しいことです。やはり、311大地震の震源域の南側である関東付近での大きな地震が起こりやすくなっていると思います。 *以下は、「福島県」などのHi-net自動処理震源マップ「最新7日間」のデータの推移です。 「福島県」06:00頃の値 4月04日:293 4月05日:330 4月06日:348 4月07日:357 4月08日:354 4月09日:399 4月10日:444 「茨城県」06:00頃の値 4月04日:489 4月05日:533 4月06日:554 4月07日:544 4月08日:530 4月09日:573 4月10日:620 「千葉県」06:00頃の値 4月04日:268 4月05日:279 4月06日:277 4月07日:254 4月08日:243 4月09日:252 4月10日:261 「東京都」06:00頃の値 4月04日:145 4月05日:148 4月06日:148 4月07日:144 4月08日:133 4月09日:133 4月10日:139 「埼玉県」06:00頃の値 4月04日:234 4月05日:243 4月06日:238 4月07日:234 4月08日:206 4月09日:235 4月10日:265 「茨城県」の値が620を超えています。1月上旬の値に近く、4月前半に、関東ではM5地震が3件発生しています。 *以下、1月1日から同15日までのM5以上地震: 2020年01月03日 03時24分頃 千葉県東方沖 5.9 4 2020年01月05日 11時11分頃 硫黄島近海 5.7 1 2020年01月06日 09時21分頃 奄美大島北東沖 5.0 2 2020年01月14日 04時53分頃 茨城県南部 5.0 4 硫黄島近海は伊豆・小笠原海溝付近の地震です。 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値: 昨日05:45と本日05:45での比較 「最新24時間」: 「日本全国広域」:277→299(増加22) 「日本全国拡大」:273→296(増加23) 「北海道」   :011→019(増加08) 「東日本」   :177→191(増加14) 「本州中部」  :139→115(減少24) 「西日本」   :087→096(増加09) 「最新7日間」:15以上変動があった地域: 「岩手県」:147→163(増加16) 「宮城県」:147→167(増加20) 「秋田県」:069→084(増加15) 「福島県」:399→444(増加45) 「茨城県」:573→620(増加47) 「栃木県」:420→456(増加36) 「埼玉県」:235→265(増加30) 「神奈川県」:161→182(増加21) 「山梨県」:324→345(増加21) 「長野県」:322→349(増加27) 「静岡県」:309→337(増加28) 「福岡県」:223→239(増加16) 「熊本県」:305→326(増加21) 「宮崎県」:351→375(増加24) このところ、月の高度が高いにもかかわらず、多少赤みを帯びて見えることが多いです。今朝もそうで、05:30頃の月はかなり赤みを帯びて見えました。火山噴火の影響の可能性もありますが、地震発生の前兆の可能性もあります。「最新24時間」の変動は、「本州中部」減少24が最大の変動幅であり、これ以外は全て増加でしたので、「本州中部」の両端付近、つまり、「本州中部」の「東日本」と「西日本」との境界部分で地震が起こりやすいはずです。「最新7日間」も東北から関東、中部、そして九州で変動幅が大きくなっています。この数日中に関東付近で相当に大きな地震が起こってしまう可能性はかなり大きいと思います。

0回の閲覧

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com