検索
  • taked65

2020年3月30日の地震の起こり方

2020年3月30日 10:50現在の地震の起こり方について: 1988年以来、32年ぶりに3月下旬に都心で雪が降ったということです。気象庁の震度データベースで見ると、1988年の3月から12月までに最大震度4以上の地震が11件発生していて、その内8件が関東地方の地震です。マグニチュード最大はM5.8ですから、あまり大きな地震ではないですが、関東多発の傾向があるのは明確です。 前年である1987年と翌年である1989年では、 1987年:13件中3件のみが関東 1989年:9件中静岡県を入れると8件が関東 となっていて、1988年が転換点になっているように見えます。 背景にあるのは、太平洋プレートの動きの活発化ではないでしょうか? 「福島県」06:00頃の値 3月23日:360 3月24日:353 3月25日:352 3月26日:348 3月27日:340 3月28日:344 3月29日:343 3月30日:355 「茨城県」06:00頃の値 3月23日:543 3月24日:514 3月25日:520 3月26日:504 3月27日:505 3月28日:513 3月29日:490 3月30日:511 「千葉県」06:00頃の値 3月23日:260 3月24日:243 3月25日:251 3月26日:232 3月27日:229 3月28日:248 3月29日:236 3月30日:237 「東京都」06:00頃の値 3月23日:117 3月24日:098 3月25日:116 3月26日:111 3月27日:118 3月28日:125 3月29日:115 3月30日:135 「埼玉県」06:00頃の値 3月23日:269 3月24日:243 3月25日:238 3月26日:211 3月27日:219 3月28日:233 3月29日:221 3月30日:229 上にあるように、関東地方の「最新7日間」の変動は全て増加です。増加幅のは最大は「東京都」の20で、はあまり大きくはありません。そのため、関東付近で明朝までにM5以上が起こるとは思えませんが、沿岸部ではM5程度が起こり得ます。特に、茨城県や福島県南部での沿岸部、沖合はかなり可能性が高いと思います。 今朝のHi-net自動処理震源マップの「最新24時間」の変動幅は、基本的に増加でした。「西日本」減少05があるだけで、他は全て増加です。この意味で、普通なら大きな地震が起こる可能性は小さいと言うべきですが、昨日の「東日本」増加04と今朝の「東日本」増加44であり、二日間連続して増加が続いていますので、東日本での地震が起こり易くなっていると思います。 「最新7日間」では、多少大きな変動が出ています。「宮崎県」減少63で、日向灘の南部や伊豆諸島付近でM5以上地震が起こり易くなっていると思います。 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値: 昨日04:30と本日05:30での比較 「最新24時間」: 「日本全国広域」:253→312(増加59) 「日本全国拡大」:251→303(増加52) 「北海道」   :016→020(増加04) 「東日本」   :152→196(増加44) 「本州中部」  :119→133(増加14) 「西日本」   :102→097(減少05) 「最新7日間」:15以上変動があった地域: 「茨城県」:490→511(増加21) 「栃木県」:350→367(増加17) 「東京都」:115→135(増加20) 「愛知県」:233→217(減少16) 「大分県」:256→236(減少20) 「宮崎県」:360→297(減少63) 「鹿児島県」:317→283(減少34)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件