検索
  • taked65

2020年2月13日の択捉島南東沖地震について

2020年2月13日 19:34頃に発生した択捉島南東沖地震について: 択捉島南東沖で、M7.0、震源深さ160キロの地震が発生しました。 Yahooの地震情報によると、2006年以降で震度1以上を観測した択捉島南東沖は56件起こっています。本日の地震はその中で最大のマグニチュードのものでした。EMSCで見ると逆断層型地震であるように見えます。 気象庁の震度データベースで択捉島南東沖のM7以上地震を検索すると、1919年以降で本日の地震以外にに7件が出てきます。最新のものが1995年12月4日の震源深さ57キロ、M7.3です。1995年というと、1月17日に兵庫県南部地震(阪神大震災)M7.3が発生しています。この阪神大震災の10日前の1月7日には岩手県沖でM7.2が起こっていました。 震源深さを見ると、ごく浅いものから50キロ程度のものや100キロよりも深いものとバラバラです。そして、M7以上のモノで見ると本日の地震が最も深い地震です。 M6以上で見ると、本日のもの以外に64件発生があり、150キロよりも深い地震が次の2件出てきました。 1996年2月22日、M6.1、震源深さ177km 1936年11月13日、M6.0、震源深さ184km 1996年3月4日には、茨城県沖で震源深さ51㎞、M5.1が発生しました。 1936年11月14日には、福島県沖で震源深さ0㎞、M6.0が発生していました。 沈み込んでいるプレートの先端付近の震源深さが深い所で地震が起こると、海溝付近に対して下へ引く力が働くため、より浅い地震が起こりやすいのです。 そのため、今後、東北から関東付近でM5以上地震が起こりやすいと思います。 なお、311大地震の約3か月前である2010年12月22日に父島近海でM7.8、震源深さ8㎞が発生し、それ以降同12月25日までに同じ父島近海でM5以上地震が10件発生しました。 本日の択捉島南東沖は震源深さが非常に深いため、余震が連続することはあり得ませんが、M7地震は地震の規模自体が大きいため、隣接する地域での誘発地震を起こしやすいです。 関東付近での、陸域でM7程度、海域でM8程度の大地震が相当に切迫しつつあると考えるべきだと思います。 なお、本日の択捉島南東沖地震は千島海溝から太平洋プレートが沈み込んで発生した地震です。茨城県沖や福島県沖は日本海溝であり、別の地域だから影響はないと考える方がいると思いますが、同じ太平洋プレートが沈み込んだ先端部で起こっている地震です。311前の父島近海も伊豆・小笠原海溝で起こったものであり、隣接した海溝であれば、互いに影響を与えると考えるべきだと思います。 なお、千島海溝と日本海溝の接続部には襟裳海山が沈み込んでいます。日本海溝と伊豆・小笠原海溝の接続部には鹿島第1海山が沈み込んでいます。要するに、海底の形状を見て、大きな海山があるところで一区切り付けるために、海溝名を変えているという面もあるのです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

311直前に連続地震が発生した岐阜県飛騨地方で、本日再度連続地震が発生をしています。

311大地震前にあった岐阜県飛騨地方の連続地震の再来か? 本日9月19日17:18に岐阜県飛騨地方でM5地震が発生し、その後も震度1以上を記録する地震が19:30までに10件発生しています。M5地震を含めると、本日、19:30までに11件発生しています。いずれも震源深さは約10キロです。 岐阜県飛騨地方での連続地震は311直前の2011年2月27日にも発生しています。この時は、02:23にM4

関東地方東北沖で約1000年前に大地震

約1000年前の関東地方東方沖での大地震が確認されました。 約1000年前に関東地方東方沖で大きな津波被害を伴う地震があったことが確認されました。9月3日の発表で、国立研究開発法人産業技術総合研究所の活断層・火山研究部門の海溝型地震履歴研究グループ及び同地質情報研究部門などの共同研究で、「千葉県九十九里浜沿岸において歴史上知られていない津波の痕跡を発見し、それが房総半島沖で発生した巨大地震による

サブリミナル効果を使った支配の失敗

21:04 2021/09/03 サブリミナル効果を使った支配の失敗 サブリミナル効果を使ったマインドコントロールが行われている。つまり、視覚で読み取ることが出来ない程度の短時間、メッセージや模様をテレビやパソコン、スマフォなどの画面に表示することで、見ている人の行動をコントロールする技術だ。1970年代の心理学ではこのサブリミナル効果を使った催眠はかなり効果があると説明されていた。しかし、多分