検索
  • taked65

2020年12月23日の地震の起こり方

24時間以内程度で関東地方の内陸部で M 5程度の地震が起こる可能性が比較的高くなっていると思います。

Hi net 自動処理震源マップ最新24時間で東日本が昨日から約50の減少です。

またここ一週間程度で東北、特に東北北部でも m 5程度の地震が複数発生をしていますが、関東では11月22日に m 5以上が発生して以来すでに1ヶ月間 m 5規模の地震が発生がありません。

また Hi net 自動処理震源マップ最新24時間で内陸部に震源深さ100 km 程度の地震を示すドットの分布を見ると、関東が特に多く表示をされています。

海のプレートが沈み込んでいるのにも関わらず地震が起こらないことは大きな固着域に圧力が蓄積されていることを意味します。結果的に大きな地震がやがて起こってしまいます。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関東付近での大きな地震の可能性

伊豆諸島付近から千葉県でのかなり大きな地震の可能性 最近の関東付近での地震予測はかなり難しいというか、当たらないことが多いので、今回も空振りになる可能性が高いと思いますが、一応、以下のような根拠というか、前兆があるため、伊豆から千葉県、または茨城県北部でのかなり大きな地震の可能性があると思います。期間はこの24時間から数日です。 1.広島県北部を震源とするM3.9、最大震度4の地震が起こっている

2021年4月10日のトカラ列島近海地震多発について

2021年4月10日のトカラ列島近海地震の頻発について 要約:やはり気にかかるのは今年になってから発生した福島県沖と宮城県沖のM7規模の地震です。 2021年02月13日23時08分頃 福島県沖 M7.3 最大震度6強   2021年03月20日18時09分頃 宮城県沖 M6.9 最大震度5強 311大地震の直前、2011年2月に岐阜県飛騨地方での震度1以上地震の多発がありました。2

2021年4月関東地方の地震数減少予測

2021年4月1日から7日までの地震の起こり方まとめ 地域別の地震数で関東の地震数減少が顕著 4月7日までのデータを30日換算するために、30:7=X:Aから、X=A×(30÷7)=A×4.3で計算。 関東と東北を比べると、東北でM7規模の地震が2月に福島県沖、3月に宮城県沖で発生しましたが、関東の地震数は1月とほぼ同じ件数の発生が継続しました。普通は近隣地域で大きな地震があると、そこでプレート

 

080-7989-8627

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com