検索
  • taked65

2020年1月7日の地震の起こり方について

2020年1月7日07:30現在の地震の起こり方について: Hi-net自動処理震源マップの「最新30日間」で「東日本」のN=の値の減少が続いています。手元に記録がある昨年2019年10月下旬以降、「最新30日間」で「東日本」の月ごとの最大値と最小値は次のような推移をたどっています。 「最新30日間」「東日本」、最大値(日付)ー最小値(日付) 11月:7048(11/02)-7553(11/13) 12月:7098(12/04)-8875(12/31) 01月:8143(01/06)-8880(01/02) 月初めに最小値になる傾向があります。しかし、最小値から最大値になるまでの1日あたりの減少数を出すと、この01月がとても減少が急激であることが分かります。 11月:11日間で減少数505:1日あたり46 12月:27日間で減少数1777:1日あたり66 01月:04日間で減少数737:1日あたり184 Hi-net自動処理震源マップのN=の値は、「日本全国広域」とか、「北海道」、「本州中部」、「西日本」などの地域分けで表示がされます。この1月で見ると、「北海道」は増加傾向、「本州中部」は減少傾向、「西日本」は増加傾向です。但し、「東日本」の減少幅が大きいため、「日本全国広域」、「日本全国拡大」は共に減少傾向です。 N=の値が減少すると、大きな地震が起こる傾向があります。 また、日本気象協会の震央マップ過去30日間を見ると、九州南部の太平洋沖から南西諸島沿いに沖縄付近まで地震を示すドットが14個並んでいます。このようなときには関東付近で比較的大きな地震が起こる傾向があります。フィリピン海プレートが日本付近で西進し、結果的に伊豆・小笠原海溝付近での太平洋プレートとフィリピン海プレートとのかみ合わせが緩むからでしょう。 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値は増加傾向です。最新の震度1以上地震が 2020年01月06日 22時46分頃 釧路地方中南部 3.2 2 であり、7日の07:15現在でも増加傾向が継続しているため、太平洋プレートからの西向き圧力が陸域の地盤へ伝達され、陸域や沿岸部沖合で微小地震が増加しているのだと思われます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件