検索
  • taked65

2020年1月15日 13:00現在の地震の起こり方

2020年1月15日 13:00現在の地震の起こり方について: 1月15日正午現在で、次にあるように、東日本での地震が5件連続しています。その内の4件が関東地方です。 2020年01月14日 04時53分頃 茨城県南部 5.0 4 2020年01月14日 13時25分頃 茨城県沖 4.9 3 2020年01月14日 16時40分頃 茨城県南部 3.2 1 2020年01月14日 22時19分頃 青森県東方沖 3.2 1 2020年01月15日 08時19分頃 茨城県沖 3.8 2 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」、「日本全国広域」、「東日本」、そして「最新7日間」の「東京都」の推移は次の通りです。 「最新24時間」、「日本全国広域」:「東日本」 1月14日 04:45:253:151 07:30:268:165 13:15:258:160 20:00:279:180 1月15日 06:30:275:173 11:00:270:173 「最新7日間」の「東京都」 04:45:102 07:30:102 13:15:104 20:00:103 1月15日 06:30:100 11:00:101 以上にあるように、大きな変化はまだ起こっていませんが、東北から関東にかけてある程度大きな地震が起こりやすいと思われます。根拠は例えば、この1月九州地方は15件の震度1以上地震が発生していますが、関東はまだ13件しかないことです。以下に、昨年7月以降の関東:九州の地震数を引用します。 関東:九州の震度1以上地震の月間数: 07月:30:25 08月:10:21 09月:19:23 10月:19:08 11月:37:23 12月:29:27 01月:13:15 上の引用だけではあまり相関関係が強くないように見えますが、例えば昨年3月から4月は、九州が32件から15件へ、関東が29件が13件へ同じように急減しているのです。 その他、上げようと思えば、後幾つか、同じような事例を挙げることが出来ます。どちらにしろ、関東から関西は今後内陸性の地震がかなり頻発する時代に入るのです。このことについて、そういった時代に入る前に対策を取るべきだと思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月21日の福島県沖 M 7.3地震の異常さ

2月21日の福島県沖M7.3の異例さ 福島県沖M7.3の震源域が含まれるのは、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」の「宮城県」です。この12日間の07:15前後のN=の値は次のとおりです。 「最新7日間」「宮城県」 2月10日0185 2月11日0186 2月12日0202 2月13日0192 2月14日0516:前日との差:+0324 2月15日1031:前日との差:+0515

新型コロナウイルス対策ワクチンの危険性について

新型コロナウィルス対策ワクチンの危険性について: 2021年2月17日の朝日新聞朝刊に載っている新型コロナの国内での感染確認の数は41万9211人です。日本の人口の現在の推定値は1億2557万人ですから、全人口の0.3%程度が感染確認されていることになります。世界での感染確認は1億916万人で、世界人口は77億人ですから、全人口の1.4%程度です。 日本で現在予定されているワクチン接種は数百万人

2021年2月13日の福島県沖 M 7.3地震の関東地方への影響について

2021年2月13日の福島県沖M7.3の関東地方への影響について: この記事は「2021年2月13日23:08の福島県沖M7.3の首都圏への影響について」の続編です。結論から述べると、関東地方での内陸直下型地震が1か月から半年程度で起こる確率が70%程度にまで大きくなったと考えます。以下、その根拠です。 1.311大地震で宮城県牡鹿半島沖でプレート境界が50m程度滑った影響が徐々に南下している

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com