検索
  • taked65

2020年1月15日 13:00現在の地震の起こり方

2020年1月15日 13:00現在の地震の起こり方について: 1月15日正午現在で、次にあるように、東日本での地震が5件連続しています。その内の4件が関東地方です。 2020年01月14日 04時53分頃 茨城県南部 5.0 4 2020年01月14日 13時25分頃 茨城県沖 4.9 3 2020年01月14日 16時40分頃 茨城県南部 3.2 1 2020年01月14日 22時19分頃 青森県東方沖 3.2 1 2020年01月15日 08時19分頃 茨城県沖 3.8 2 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」、「日本全国広域」、「東日本」、そして「最新7日間」の「東京都」の推移は次の通りです。 「最新24時間」、「日本全国広域」:「東日本」 1月14日 04:45:253:151 07:30:268:165 13:15:258:160 20:00:279:180 1月15日 06:30:275:173 11:00:270:173 「最新7日間」の「東京都」 04:45:102 07:30:102 13:15:104 20:00:103 1月15日 06:30:100 11:00:101 以上にあるように、大きな変化はまだ起こっていませんが、東北から関東にかけてある程度大きな地震が起こりやすいと思われます。根拠は例えば、この1月九州地方は15件の震度1以上地震が発生していますが、関東はまだ13件しかないことです。以下に、昨年7月以降の関東:九州の地震数を引用します。 関東:九州の震度1以上地震の月間数: 07月:30:25 08月:10:21 09月:19:23 10月:19:08 11月:37:23 12月:29:27 01月:13:15 上の引用だけではあまり相関関係が強くないように見えますが、例えば昨年3月から4月は、九州が32件から15件へ、関東が29件が13件へ同じように急減しているのです。 その他、上げようと思えば、後幾つか、同じような事例を挙げることが出来ます。どちらにしろ、関東から関西は今後内陸性の地震がかなり頻発する時代に入るのです。このことについて、そういった時代に入る前に対策を取るべきだと思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月5日及び6日の地震予測

6月5日から6日までの地震予測: 日本全国の震度1以上地震の最新7日間5月29日から6月4日を見ると、全国で23件、その内関東が6件で地方別では最多です。しかも、東北は2件しか発生が無く、関東と東北で起こり方がかなり不均一になっています。 更に、6月の4日間だけを見ると、東北は2件ですが関東は1件しかありません。6月の4日間だけを見ても、関東と東北の不均一が目立ちます。 また、6月4日は陸域だ

関東地震に注意

関東地震に注意! 5月29日(土)08:15現在で、震度1以上の地震の発生が32時間ありません。この5月は5時間に1件の割合で震度1以上地震が起こっているため、6件分の地震発生が止まったままです。 比較的大きな地震が起こりやすくなっているため、ある程度注意が必要だと思います。 *8:43 2021/05/29追記:8:21に茨城県沖M5.3が発生してしまいました。ほぼ東西圧縮の逆断層型です。太

Hi net 自動処理震源マップ最新24時間 N=の値が大幅増加

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値に異常が出ています。 今朝07:15と19:15値は次のようなものでした。 Hi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値 5月28日 07:15→19:15 日本全国広域:235→295(増加:60) 日本全国拡大:235→295(増加:60) 北海道   :025→018(減少:07) 東日本   :155→204(