検索
  • taked65

2020年1月13日 09:30現在の地震の起こり方について:

2020年1月13日 09:30現在の地震の起こり方について: 1月4日から小鳥を猫が捕ってきて玄関先に持ってくることが連日続いています。ほぼ全てがメジロでとても疑問です。メジロは地面にいることはほとんどなく、花の蜜を吸ったり、昆虫を捕食して生きています。巣も木の枝の上に作り、地面には作りません。更に、1月9日は、玄関でまた猫がメジロを押さえていたので怒って離した後、様子を見ていると、外の道の草むらのところで猫が様子を窺っていて、ジャンプ一番、簡単にまたメジロをくわえて出てきました。そこは空き地で草がぼうぼうに生えているところです。そういったところにメジロが居るはずがなく、誰かがメジロを動けない状態にして置いているようにしか思えません。このことには、1月8日には玄関先に置いてある流し台の下の空間に小鳥の死骸が4羽もあったことがあります。この時はさすがに指宿署に電話をして来ていただきましたが、猫が捕ってきたものでしょうということで、捜査をすることにはなりませんでした。しかし、そもそも猫が捕ってきたものであれば、猫は食べるのが普通です。しかし、うちの猫はきちんと一日朝と夕方に餌を上げていて、小鳥を捕ることはあまり関心がないのです。更に、そもそも、その4羽のうちの1羽はヒヨドリぐらいの大きさがあり、簡単に猫が捕まえることが出来るとは思えません。ともかく、一度に4羽も連続して猫が捕まえてきて、玄関先に置くことはあり得ず、明らかな嫌がらせであろうと思われます。 今朝もそうで、出てみるとメジロを猫が押さえていました。まだ息があり、現在、室内で保護していますが、助かるかどうかはかなり微妙です。 以上の理由から、今朝の記事はHi-net自動処理震源マップのN=の値の今朝の値についてだけ記させていただきます。 今朝は06:15の値で、「最新24時間」の「日本全国広域」が昨日07:00と比べて33の増加、「東日本」が3の増加、「本州中部」が46の増加、「西日本」が24の増加でした。「最新7日間」は昨日07:00と比べると減少のところがありますが、昨日22:15と比べるとほぼ全てが増加でした。変動幅は小さく、昨日07:00との比較で、目立つところとしては「茨城県」減少20、「長野県」増加20、「鹿児島県」増加27がある程度です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件