検索
  • taked65

2月27日07:30 での地震の起こり方について:

12月27日、07:30現在での地震の起こり方について: 鹿児島県薩摩地方付近での地震が連続しています。薩摩半島の根元のどちらかと言うと、2016年に熊本地震が発生した中央構造線の東シナ海へ抜ける地点付近での地震です。栃木県北部での地震、つまり、中央構造線の北側での地震が発生しているため、中央構造線付近での地震が起こりやすくなっている可能性があるとは思います。ただ、Hi-net自動処理震源マップの「最新30日間」の「西日本」などを見ていると、薩摩半島の南半分の東シナ海側にかなり明瞭に小さなドットで構成された線状の並びがあり、中央構造線の南側での太平洋プレートの西向き圧力増加が起こっている可能性もあると思います。多分、最も実態に即した理解の仕方は、日本海溝だけでなく、伊豆・小笠原海溝付近全体からの太平洋プレートによる西向き圧力が大きくかかっているということだと思います。なお、火山性地震が新燃岳で昨晩から増加しているということです。311前にも新燃岳の噴火があり、東北から関東でのかなり大きな地震が徐々に迫ってきていると思います。 Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値は、増加傾向です。また、「最新7日間」で見ても、ほぼすべての地域で増加であり、日本列島全体に対する太平洋プレートからの西向き圧力増加が起こっているように思います。なお、「最新24時間」の「日本全国広域」は昨日12月26日の15:00ごろから300を超えている様子で、今朝07:00の時点でも300超えです。また、あくまでも感覚ですが、「最新24時間」のマップで、関東付近に表示されている震源深さ60キロから100キロ程度のドットの数が減少してきているように思います。このことは、関東平野の東方沖にある大きな固着域で太平洋プレートの西向き圧力が上向きに転換されつつあることを示している可能性があります。いわき沖とか千葉県東方沖の地震が起こりやすくなっている可能性です。 なお、伊豆・小笠原海溝付近での地震についてはHi-net自動処理震源マップの「最新24時間」ではほとんどまったく表示がされませんが、Hi-netのトップページにリンクがあるF-net(広帯域地震観測網)に「最新30日のメカニズム解分布図」というものがあり、これを見ると、伊豆・小笠原海溝付近で地震が相当数起こっていることが分かります。これは、Hi-net自動処理震源マップの「最新30日間」で見るよりも、マグニチュードの大きな地震のみが網羅されているため、地震発生の様子が分かりやすいです。 今後、どの地域でどのような地震が起こっていくかの予測はとても難しいです。なぜなら、例えば、「茨城県」の「最新7日間」の変動は昨日と比べて20程度の増加でしかなく、あまり大きな変動ではないためです。 貞観地震869年の時には、中央構造線沿いの地震として、熊本地震が起こった後、奈良県での地震があったとされています。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

入試不正と地熱開発

2020年の鹿児島知事選の選挙公報に書いた入試不正・試験不正の事の内、定期試験問題が漏れているということについて、そのことに気が付いた経緯を記しておきます。 高3の進学クラスを受け持っていた時のことです。定期テストでいつもクラスでトップの点数を取る、しかも90点とかほぼ満点に近い点数を取る生徒がいたのです。あるとき、ごく軽い気持ちで「現在進行形の文型はなんだったけ」とその生徒に聞いてみました。し

2月21日の福島県沖 M 7.3地震の異常さ

2月21日の福島県沖M7.3の異例さ 福島県沖M7.3の震源域が含まれるのは、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」の「宮城県」です。この12日間の07:15前後のN=の値は次のとおりです。 「最新7日間」「宮城県」 2月10日0185 2月11日0186 2月12日0202 2月13日0192 2月14日0516:前日との差:+0324 2月15日1031:前日との差:+0515

新型コロナウイルス対策ワクチンの危険性について

新型コロナウィルス対策ワクチンの危険性について: 2021年2月17日の朝日新聞朝刊に載っている新型コロナの国内での感染確認の数は41万9211人です。日本の人口の現在の推定値は1億2557万人ですから、全人口の0.3%程度が感染確認されていることになります。世界での感染確認は1億916万人で、世界人口は77億人ですから、全人口の1.4%程度です。 日本で現在予定されているワクチン接種は数百万人

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com