検索
  • taked65

2月21日の福島県沖 M 7.3地震の異常さ

221日の福島県沖M7.3の異例さ


福島県沖M7.3の震源域が含まれるのは、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」の「宮城県」です。この12日間の07:15前後のN=の値は次のとおりです。

「最新7日間」「宮城県」
2月100185
2月110186
2月120202
2月130192
2月140516:前日との差:+0324
2月151031:前日との差:+0515
2月162542:前日との差:+1511
2月173497:前日との差:+0955
2月184183:前日との差:+0686
2月194869:前日との差:+0686
2月205429:前日との差:+0560
2月215210:前日との差:-0219


福島県沖M7.3の発生日時は21323:08です。よって、このM7地震の影響が出始めたのは14日の値からです。また、この日時が最新7日間で含まれるのは22023:08までです。今朝2107:15はM7.3発生後8時間が経過した後の7日間の値となります。通常、陸域の浅い地震ですと、リアルタイムで微小地震の数がN=の値に反映されます。しかし、深い地震であるとか、海域の地震ですと計算時間がかかる様子で、微小地震の多くはその反映が1日から2日遅れるのです。今回は海域での地震であったため、やはり遅れがあり、直後のN=の値には海域の比較的大きな地震しか反映されていず、それが前日との差の最大値がM7の翌朝である14日はなく、16日に出た理由でしょう。そのため、これは異常ではないのです。何が異常かというと、14日と13日との差が324であるのに、今朝21日の20日との差が219であることです。ざっと見て3割も少ないのは異常です。
最新7日間で一日前との違いは、新たに期間に含まれた24時間と、期間から外れた24時間です。214日の場合、新たに期間に含まれた24時間(1307:15から1407:15)の方が、期間から外れた24時間(0607:15から0707:15)の値よりも324多かったという意味になります。今朝221日の場合、新たに期間に含まれた24時間(2007:15から2107:15)の方が、期間から外れた24時間(1307:15から1407:15)の値より210少なかったということです。
ここで、214日の、期間から外れた24時間(0607:15から0707:15)の値がどの程度かを推測してみましょう。210日から12日の期間でだいたい190が最新7日間の値ですから、1日あたりはこれを7で割って27程度になります。仮にこの値が期間から外れた数値だとすると、期間に新たに含まれた値は32427351となります。つまり、1307:15から1407:14の値は351です。
同じように考えて、
215日の最新7日間の期間を外れた24時間(0707:15から0807:15)の値:27
215日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1407:15から1507:15)の値:515+27=542
216日の最新7日間の期間を外れた24時間(0807:15から0907:15)の値:27
216日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1507:15から1607:15)の値:1511+27=1538
217日の最新7日間の期間を外れた24時間(0907:15から1007:15)の値:27
217日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1607:15から1707:15)の値:955+27=982
218日の最新7日間の期間を外れた24時間(1007:15から1107:15)の値:27
218日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1707:15から1807:15)の値:686+27=713
219日の最新7日間の期間を外れた24時間(1107:15から1207:15)の値:27
219日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1807:15から1907:15)の値:686+27=713
220日の最新7日間の期間を外れた24時間(1207:15から1307:15)の値:27
220日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(1907:15から2007:15)の値:560+27=587
221日の最新7日間の期間を外れた24時間(1307:15から1407:15)の値:351
221日の最新7日間の期間に新たに含まれた24時間(2007:15から2107:15)の値:-219+351=132

検算をすると、221日の最新7日間のN=の値は、21407:15から22107:15のぞれぞれの日の新たに含まれた値7日分の合計ですから、542+1538+982+713+713+587+132=5207であり、ほぼ実際の22107:15のN=の値5210と同じです。このことから、上のシュミレーションがほぼ実態を反映していることが確認されたと言えます。

問題は22107:15までの24時間で発生した微小地震数の急激な減少です。前日発生分の4分の1以下であり、あまりに大幅な減少ですから、自然なものではなく、どこかの大きな固着域に太平洋プレートの沈み込み圧力がかかってしまっていて、その為の減少だと考えるべきだと思います。要するに、大きな地震が切迫している可能性があります。

なお、「最新24時間」の「東日本」も本日221日は異常があります。それは、13日のM7発生以降、順調に「最新24時間」のN=の値が減少していたのに、21日は前日から見て増加に転じていることです。

以上のことから、東北から関東にかけて、この数日で相当に大きな地震が起こる可能性が高まっていると思えます。
なお、22123:00現在で最新の震度1以上地震は00:59の福島県沖であり、既に22時間程度震度1以上地震の発生がありません。このことも大きな地震発生を予測させます。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月5日及び6日の地震予測

6月5日から6日までの地震予測: 日本全国の震度1以上地震の最新7日間5月29日から6月4日を見ると、全国で23件、その内関東が6件で地方別では最多です。しかも、東北は2件しか発生が無く、関東と東北で起こり方がかなり不均一になっています。 更に、6月の4日間だけを見ると、東北は2件ですが関東は1件しかありません。6月の4日間だけを見ても、関東と東北の不均一が目立ちます。 また、6月4日は陸域だ

関東地震に注意

関東地震に注意! 5月29日(土)08:15現在で、震度1以上の地震の発生が32時間ありません。この5月は5時間に1件の割合で震度1以上地震が起こっているため、6件分の地震発生が止まったままです。 比較的大きな地震が起こりやすくなっているため、ある程度注意が必要だと思います。 *8:43 2021/05/29追記:8:21に茨城県沖M5.3が発生してしまいました。ほぼ東西圧縮の逆断層型です。太

Hi net 自動処理震源マップ最新24時間 N=の値が大幅増加

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値に異常が出ています。 今朝07:15と19:15値は次のようなものでした。 Hi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値 5月28日 07:15→19:15 日本全国広域:235→295(増加:60) 日本全国拡大:235→295(増加:60) 北海道   :025→018(減少:07) 東日本   :155→204(