検索
  • taked65

10月10日地震の起こり方の異常

Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」で関東及び関西付近でかなり大きな変動! 昨日10月09日06:15 と 今朝10月10日07:15頃の値で比較すると、次のような変動が出ています。 *30以上の変動のみ。 「福島県」293→260(減少33) 「茨城県」473→412(減少61) 「栃木県」332→281(減少51) 「群馬県」259→223(減少36) 「京都府」158→213(増加55) 「大阪府」262→303(増加41) 「兵庫県」194→232(増加38) 「鳥取県」112→150(増加38) 「岡山県」132→168(増加36) 「徳島県」161→194(増加33) 「香川県」134→181(増加47) 「宮崎県」372→338(減少34) 上の変動の中で、「茨城県」減少61はかなり大きな減少であり、この付近でM5以上地震発生の可能性が高いと思います。48時間程度以内の発生が予測されます。 また、関東付近で減少、関西付近で増加、しかも「宮崎県」で減少なので、多分、伊豆・小笠原海溝付近でのM7以上地震が近づきつつあることを示していると思えます。 なお、この10月は関東地方の有感地震(震度1以上地震)で、茨城県のものが昨日10月9日までの集計で5件発生しています。関東全体では9件なので、半分以上の有感地震が茨城県のものです。千葉県地震は1件もまだ発生がなく、関東の北部と南部で地震の起こり方に大きな差が出ていて、地殻の歪みが大きくなっていると思えます。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月28日の地震の起こり方

2020年10月28日の地震の起こり方 昨日27日から引き続き、東北地方での震度1以上地震の多発が継続しています。 また、今朝28日の07:00で、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」のN=の値が、「宮崎県」、「鹿児島県」で昨日06:45現在のN=の値と比べると、約70の増加です。これはかなり大きな増加で、九州南部付近で比較的大きな地震が起こりやすくなっています。Hi-net自動処理震

2020年10月27日の地震の起こり方

2020年10月27日の地震の起こり方 昨日10月26日から東北地方で地震が頻発しています。 東北地方では、震度1以上の地震の発生がない地震空白期が 10月19日から25日までの7日間 ありました。 そして、10月26日からの二日間で既に5件の東北地方の地震発生があります。 2020年10月26日06時18分頃 福島県沖 M4.2 1 2020年10月26日18時03分頃 福島県浜通り

2020年10月26日の地震の起こり方

2020年10月26日の地震の起こり方 東北地方で震度1以上の地震が次の地震以降、既に7日間発生がありません。 2020年10月18日09時06分頃 岩手県沖 M3.7 1 東北地方は比較的地震が多く発生していて、このように空白期間が7日間あったことは、この2年間で2回目です。前回は今年6月4日から同10日までの7日間でした。この7日間、日本全国での震度1以上地震の発生数は24件でしたが、1

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com