検索
  • taked65

10月前半の地震の起こり方

10月前半の地震の起こり方:

東北、関東、九州である程度大きな異常です。

9月後半からの異常が10月前半も続いています。9月前半までの30日間のデータと、9月後半から10月前半までの30日間のデータを比べて、変化している点を*で述べています。

東北:
8月後半から9月前半までの30日間:
34件(陸域:8件、海域:26件)(福島県以南:5件、宮城県以北:29件)(M4以上:16件、47%)(震度1:19件:56%)(陸域÷海域=8÷26=0.31)(宮城県沖:14件、41%)(福島県沖:3件、9%)

9月後半から10月前半までの30日間:
18件(陸域:5件、海域:13件)(福島県以南:3件、宮城県以北:15件)(M4以上:6件、33%)(震度1:8件:44%)(陸域÷海域=5÷13=0.38)(宮城県沖:6件、33%)(福島県沖:1件、6%)

*海域の地震数がこの10月前半までの30日間ではかなり減っています。また、9月前半までの30日間では宮城県沖地震が14件も発生していますが、10月前半までの30日間では6件で半分以下に減少です。しかし、これは、宮城県沖M6が912日に発生した影響があるからです。問題は福島県沖地震が97日の次が1014日であることです。36日間も福島県沖地震の発生が無い期間が続いたため、今後、福島県から茨城県北部付近でのかなり大きな地震が起こりやすくなっています。


関東:

8月後半から9月前半までの30日間:
27件(陸域:13件、海域:14件)・(震度114件:52%)・(M4以上:9件:33%、陸域:2件、海域:7件)・(伊豆・小笠原:2件:7%)(M4以上の震度1:2件:7%)茨城県沖:8件、茨城県南部:4件、茨城県北部:5件、千葉県東方沖:3件、(茨城県計:17件、全体に対する割合:63%)(千葉県地震:5件、全体に対する割合:19%)(千葉県陸域地震:1件、全体に対する割合:4%)

9月後半から10月前半までの30日間:
26件(陸域:12件、海域:14件)・(震度118件:69%)・(M4以上:9件:35%、陸域:2件、海域:7件)・(伊豆・小笠原:8件:31%)(M4以上の震度1:4件:15%)茨城県沖:4件、茨城県南部:2件、茨城県北部:7件、千葉県東方沖:1件、(茨城県計:13件、全体に対する割合:50%)(千葉県地震:3件、全体に対する割合:12%)(千葉県陸域地震:1件、全体に対する割合:4%)

*上の記載では分かりませんが、茨城県北部地震が830日の後、912日まで12日間発生がありませんでした。茨城県北部地震は311大地震以降多発傾向があり、2週間近く発生が無いことはかなり珍しいことです。東北地方で福島県沖地震が減少していることと併せて、福島県から茨城県北部にかけての比較的大きな地震が起こりやすくなっていると思います。	
千葉県地震が9月前半までの30日間では5件発生していましたが、10月前半までの30日間では3件のみで、茨城県地震の13件に対して、千葉県地震の静穏化傾向が出ています。このことは特に10月前半に顕著で、茨城県地震7件に対して千葉県地震は1件のみです。また、関東全体の地震数も、陸域と海域の地震数の比もあまり変化がないのですが、伊豆・小笠原での地震数に大きな変化が出ています。つまり、急激に伊豆・小笠原での地震がこの30日間で増加しているのです。この傾向は特に10月前半に起こっていて、次に示すように、9月後半が2件であったものが、10月前半は6件も発生しています。

参考までに、関東地方については9月後半と10月前半の集計データを載せておきます。

09月後半:10件(陸域:06件、海域:04件)・(震度106件:60%)・(M4以上:4件:40%、陸域:2件、海域:2件)・(伊豆・小笠原:2件:20%)(M4以上の震度1:1件:10%)茨城県沖:0件、茨城県南部:1件、茨城県北部:5件、千葉県東方沖:1件、(茨城県計:6件、全体に対する割合:60%)(千葉県地震:2件、全体に対する割合:20%)(千葉県陸域地震:0件、全体に対する割合:0%)

10月前半:16件(陸域:6件、海域:10件)・(震度112件:75%)・(M4以上:5件:31%、陸域:件、海域:5件)・(伊豆・小笠原:6件:38%)(M4以上の震度1:3件:19%)茨城県沖:4件、茨城県南部:1件、茨城県北部:2件、千葉県東方沖:0件、(茨城県計:7件、全体に対する割合:44%)(千葉県地震:1件、全体に対する割合:6%)(千葉県陸域地震:1件、全体に対する割合:6%)


九州:
8月後半から9月前半までの30日間:
19件(陸域:6件、海域:13件)(熊本県:4件、日向灘:0件、北九州:1件、南西諸島:13件、鹿児島湾:0件)、(M4以上:0件、0%)、(震度1:11件、58%)(陸域÷海域=6÷13=0.46)

9月後半から10月前半までの30日間:
27件(陸域:8件、海域:19件)(熊本県:5件、日向灘:3件、北九州:1件、南西諸島:13件、鹿児島湾:0件)、(M4以上:4件、15%)、(震度1:19件、70%)(陸域÷海域=8÷19=0.42)

*上の区分(915日までと916日以降とで分ける区分け)でははっきり出ませんが、9月前半の九州地方の震度1以上地震は次の5件だけでした。

202009042338分頃		トカラ列島近海	M2.7	2
202009150537分頃		トカラ列島近海	M3.1	2
202009150608分頃		トカラ列島近海	M3.4	3
202009150620分頃		トカラ列島近海	M3.4	2
202009151116分頃		トカラ列島近海	M2.9	1

つまり、9月前半で5件と言っても、4件は915日に起こっていて、91日から14日までの2週間ではたったの1件の発生だったのです。しかも、9月前半の5件は全てトカラ列島近海です。通常は熊本県地震が数割はあるのですが、熊本県地震が0件であることも異例です。
更に、熊本県地震は、

202008271313分頃		熊本県熊本地方	M2.6	1

の次が

202010070725分頃		熊本県天草・芦北地方	M2.8	2

であり、何と40日間も発生が無かったのです。そして、107日以降、8日間で熊本地震が5件も発生しています。

そして、九州本土の地震が少なく、南西諸島の地震ばかりが発生していた時期がありました。それが9月全体に言え、

09月分:15件(陸域:2件、海域:13件)(熊本県:0件、日向灘:2件、北九州:2件、南西諸島:9件、鹿児島湾:0件)、(M4以上:1件、7%)、(震度1:9件、60%)(陸域÷海域=2÷13=0.15)

と九州陸域の地震は15件中2件のみで、南西諸島の地震が9件と半分以上を占めていたのです。それが、10月前半は熊本地震がまた多発傾向にあり、そのため、九州陸域の地震も増加しています。

10月前半分:17件(陸域:6件、海域:11件)(熊本県:5件、日向灘:1件、北九州:0件、南西諸島:9件、鹿児島湾:0件)、(M4以上:3件、18%)、(震度1:11件、65%)(陸域÷海域=6÷11=0.55)

九州地方のこのような状況は、九州本土とほぼ同じ緯度である伊豆諸島付近で、太平洋プレートの西向き圧力がフィリピン海プレートに伝達されていないことを意味していると思えます。このことは、特に、10月になってから伊豆・小笠原海溝付近での震度1以上を観測する地震が急増していることと併せて考えると、伊豆諸島付近でのかなり大きな地震が相当に切迫しつつある可能性を示していると思えます。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月28日の地震の起こり方

2020年10月28日の地震の起こり方 昨日27日から引き続き、東北地方での震度1以上地震の多発が継続しています。 また、今朝28日の07:00で、Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」のN=の値が、「宮崎県」、「鹿児島県」で昨日06:45現在のN=の値と比べると、約70の増加です。これはかなり大きな増加で、九州南部付近で比較的大きな地震が起こりやすくなっています。Hi-net自動処理震

2020年10月27日の地震の起こり方

2020年10月27日の地震の起こり方 昨日10月26日から東北地方で地震が頻発しています。 東北地方では、震度1以上の地震の発生がない地震空白期が 10月19日から25日までの7日間 ありました。 そして、10月26日からの二日間で既に5件の東北地方の地震発生があります。 2020年10月26日06時18分頃 福島県沖 M4.2 1 2020年10月26日18時03分頃 福島県浜通り

2020年10月26日の地震の起こり方

2020年10月26日の地震の起こり方 東北地方で震度1以上の地震が次の地震以降、既に7日間発生がありません。 2020年10月18日09時06分頃 岩手県沖 M3.7 1 東北地方は比較的地震が多く発生していて、このように空白期間が7日間あったことは、この2年間で2回目です。前回は今年6月4日から同10日までの7日間でした。この7日間、日本全国での震度1以上地震の発生数は24件でしたが、1

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com