検索
  • taked65

関東地震の可能性

関東地震の可能性

関東で震度1以上地震の発生が1016日から既に5日間ない。

関東地方で震度1以上を観測した直近の日付は1015日の次のもの。
202110150642分頃		神奈川県西部	M3.7	最大震度2

震度1以上地震がない期間がある程度続くと大きな地震が起こる傾向がある。事実、この107日に千葉県北西部でM5.9、最大震度5強を記録し時、101日から同5日まで関東地方での震度1以上地震の発生が無かった。この時は次のような推移を辿っている。

地震空白期:5日間:1001日から1005202110060205分頃		埼玉県南部		M3.7	2
202110071700分頃		茨城県南部		M3.8	2
202110072241分頃		千葉県北西部	M5.9	5強 	*M5以上

つまり、5日間震度1以上地震がない期間があり、その次に最大震度2の地震が2件起きて、千葉県北西部M5.9というもの。この時は、EMSCという世界のM4以上地震を表示するサイトで見ると、日本の関東付近で(つまり、日本海溝の南部から伊豆・小笠原海溝の北部付近や相模トラフ付近で)M4以上地震を示すドットが4つ程度表示されていて、M4以上地震だけを見ても、関東付近での地震活動の活発化が見えた。また、9月の下旬の震度1以上地震の推移は次のようになっていて、茨城県地震の多発が明らかだった。

202109210902分頃		茨城県沖		M3.3	1	  
202109242355分頃		茨城県南部		M3.4	1	 
202109272026分頃		茨城県沖		M4.7	3	  
202109290233分頃		茨城県沖		M3.3	1	  
202109291226分頃		茨城県沖		M4.2	3	  
202109300126分頃		千葉県北東部	M3.6	2

そして、現在はどうかと言うと、この10月は次のように千葉県地震多発となっている。もちろんこの千葉県地震多発は1007日の千葉県北西部、M5.9、最大震度5強の余震が起こっているためだ。ただ、余震と言っても、千葉県北東部で地殻の破壊が継続していることになり、その周辺では地殻に歪みが増している。

地震空白期:5日間:1001日から1005202110060205分頃		埼玉県南部		M3.7	2
202110071700分頃		茨城県南部		M3.8	2
202110072241分頃		千葉県北西部	M5.9	5強 	*M5以上
202110072344分頃		千葉県北西部	M3.2	1
202110080511分頃		千葉県北西部	M3.6	2
202110091116分頃		千葉県北西部	M3.5	2
202110100957分頃		千葉県北西部	M3.1	1
202110111525分頃		千葉県東方沖	M3.1	1
202110112037分頃		千葉県東方沖	M3.3	1
202110140844分頃		父島近海		M5.5	1 	*M5以上
202110150642分頃		神奈川県西部	M3.7	2
地震空白期:5日間:1016日から1020日

上の10月の関東地方の地震を見て明らかなのは茨城県地震が1件しかないことだ。9月下旬の茨城県地震多発茨城県付近の地殻の歪みが改称されてしまったという解釈も可能だが、反対に茨城県付近での大きな地震が切迫しつつあるという見方もできる。

気になるのは、青森県東方沖で地震が多発していることだ。青森県東方沖は多くても月に3件程度しか起こらない。しかし、この10月は既に7件も多発している。問題は、東北地方では今年2月に福島県沖、3月に宮城県沖でM7規模の地震が発生していて、その後もM5以上地震が福島県沖や宮城県沖で起こってきていることだ。つまり、311大地震の震源域(宮城県沖)とその南側(福島県沖)での地殻の破壊が進んでいて、そのため、岩手県沖や青森県東方沖でM7規模の地震が切迫しつつあると思えること。そして、この付近は東日本の東方海域に延びる日本海溝の北端であり、日本海溝の北端で大きな地震があるとその南端でも大きな地震が後続する傾向があることだ。

ともかく、関東地方の地震の起こり方は2018年ごろからかなり変化があり、異常になって来ている。首都直下M7や関東東方沖の海溝型M8がかなり切迫しつつあることは明らかであり、その対策を取るべきだ。首都圏は不動産担保の塊であり、首都直下が起こると銀行財務が一気に悪化する。その影響は大きく、円安や株安、債券安が一気に起こる可能性は高い。円安による輸入物価高になれば、インフレが進み、公債発行が出来なくなるのは明らかだ。

今なるべく早くやるべきは、自給率の低い生活必需品の自給率を高めることだ。エネルギーと食量の自給率を一刻も早く高めることだ。そのためには地熱開発をやることだ。経産省やJOGMEC2012年から地熱開発の補助事業を始めていて、この5年程度は年に100億円以上の予算を使っている。しかし、2012年以降で発電につながったものはまだ1件だという。この理由について、地熱開発は10年程度かかるのが普通だから、今後発電に結びつく事業が多く出て来ると説明している。しかしながら、311大地震以前、つまり2011年以前から地熱開発、特に地熱資源の調査は継続的に行われて来ていて、事業化には数年しかかからないと思える地域は多くある。自分が告発してきている指宿市の事例も、現実には公金横領が少なくとも8000万円以上の規模でされていて、同様なことが他の地域でも起こっている可能性は高い。官庁はきちんとこういった事態を見直して、必要な措置を取るべきだ。このままでは、日本全体が沈没しかねない。「沈没」と言う表現は簡単だが、現実にはエネルギー不足、食料不足は生活を根底から破壊する。
閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件