検索
  • taked65

関東地方の地熱発電の可能性について

関東地方は主に付加体でできています。 付加体とは海のプレートの沈み込みに従って海のプレートの表面に堆積した地層が陸のプレートとして作られていくもののことを言います。

台湾は 付加体 です。そして台湾にはかなり多くの温泉があります。 関東地方の地名に湯河原 、熱海という地名があるように本来関東地方はかなりの程度温泉が湧くそういった地域であるはずなんです。 関東地方が現在あまり地熱発電に向かないと言われている理由は 関東地方付近での フィリピン海プレートの沈み込み速度が非常に遅いことで.す。

しかしながら 311大地震で 日本付近での太平洋プレートの沈み込み速度が 格段に速くなったことから、 今後 関東付近での フィリピン海プレートの沈み込み速度が以前の2倍以上になることが予測されます。

よって関東付近での 地熱 開発の可能性は非常に高くなるものと思われます。

たぶんこの変化は今後10年程度で 怒っていくと思われます。

0回の閲覧

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com