検索
  • taked65

関東での比較的大きな地震予測

関東での比較的大きな地震が起こりやすいはず。

この7月は、7421:00の時点で、東北地方の震度1以上地震が8件(陸域:1件、海域:7件)も起こっているが、関東は2件(陸域:件、海域:2件)しか発生が無い。
6月はどうかというと、

東北:30件(陸域:9件、海域:21件)
関東:20件(陸域:5件、海域:15件)

であり、この7月は関東の発生がかなり少ない。

しかも、東北の地震は全て宮城県以北であり、福島県以南がない。
このことは、日本気象協会の震央分布図(202107月)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/seismicity-map/entries/2021/07/
を見るとはっきりする。

この7月は421:00現在で、14件の震度1以上地震が発生していて、その内、北海道南部から宮城県までの間に地震を示すドットが9個集中していて、この地域以外には関東に2つ、紀伊半島の先端付近に2つ、あとは九州の五島列島に1つだけだ。

関東付近が怖いのは、千葉県東方沖地震がこの頻発していることもある。
05210711分頃		千葉県東方沖	M4.0
があった以降、6月19日まで約1か月間発生が無かったにもかかわらず、同20日以降本日7月4日までの2週間で次のように7件も発生しているからだ。

202106201410分頃		千葉県東方沖	M2.8	1	  
202106252236分頃		千葉県東方沖	M3.4	2	  
202106282113分頃		千葉県東方沖	M3.1	1	  
202106291726分頃		千葉県東方沖	M3.2	1	  
202106300126分頃		千葉県東方沖	M3.3	1	  
202106302137分頃		千葉県東方沖	M4.3	2	  
202107030146分頃		千葉県東方沖	M4.0	2	  

このことは、千葉県東方沖の震源地がほぼ東京湾と同じ緯度であることから、東京湾北部付近での大きな地震が起こりやすいことを示しているようにも見える。
33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新規感染症感染拡大の可能性

多剤耐性を持った環境中で長期間生存できる細菌の感染拡大の可能性 カンジダ・アウリス(candida auris)という菌がアメリカのテキサス州とワシントンDCで感染拡大を起こしているという報道が7月22日にアメリカで出ています。 免疫機能が落ちた人々に感染し、30日間での致死率は30%とされています。(以上は CBS NEWS のOutbreaks of a drug-resistant sup

新型コロナワクチンとADE

新型コロナワクチンとADE 新型コロナのワクチン担当であられる河野太郎行革担当大臣が6月24日に自身の公式ブログ「ごまめの歯ぎしり」で「ワクチンデマについて」という記事を書かれています。 ADEについては、 >「ADE(抗体依存性増強現象)が起こる」ワクチンや過去の感染により作られる抗体が、ウィルスの感染を増強してしまうことをADEといいます。 >デング熱ワクチンやSARSワクチンでこのよう

Hi net 自動処理震源マップの N =の値が急減

Hi-net自動処理震源マップのN=の値が急減! 6月28日07:15→同29日07:15 Hi-net自動処理震源マップのN=の値「最新24時間」 6月28日07:15→同29日07:15 日本全国広域:305→225(減少:80) 日本全国拡大:304→224(減少:80) 北海道   :019→017(減少:02) 東日本   :205→146(減少:59) 本州中部  :1