検索
  • taked65

現在の気候変動の本質は海のプレートの動きの活発化

更新日:2019年9月20日

温暖化が現在起こっているとするとそれに対する対策は温暖化ガス詰まり二酸化炭素ガスの排出量を削減になります。 しかしこれは明確な誤誘導です。 現在起こっていることは基本的に海のプレートの動きが非常に活発化してるということです。 この現象の原因は次のようなことであると考えられている様子です。 銀河系の中で一種の宇宙線が非常に多い地域に太陽系が今あって、そのため太陽の活動性は低下をし、しかしながら地球の内部のマグマの活動性は上昇をするという状況になっているということです。 一種の宇宙線が、太陽活動においてはその活動性を弱め、 地球においては、その活動性を高めるということになりますが、 太陽は 水爆と同様に 原子核の融合であり、地球で起こっていることは核崩壊ですから、特に矛盾はありません。 この結果、太陽からの日射量はどちらかと言うと減少傾向にあり、そして地球の表面を覆うプレートが大きく動いていて、結果的にそれが海水温度を上げ大気中の水蒸気量を増加させている。 そして大火山噴火や大地震を今後かなり長い期間起こしていくだろうということです。 その意味で、 温暖化と言ってしまうのは非常に世論の誤誘導になってしまうと思います。 日本が今取り組むべきは大地震対策と大津波対策、 大噴火対策 、そして何よりも、 大噴火の結果太陽日射の量が減ることによる気温低下に備えて エネルギーと食料の自給率を上げることではないかと思います。  

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

311直前に連続地震が発生した岐阜県飛騨地方で、本日再度連続地震が発生をしています。

311大地震前にあった岐阜県飛騨地方の連続地震の再来か? 本日9月19日17:18に岐阜県飛騨地方でM5地震が発生し、その後も震度1以上を記録する地震が19:30までに10件発生しています。M5地震を含めると、本日、19:30までに11件発生しています。いずれも震源深さは約10キロです。 岐阜県飛騨地方での連続地震は311直前の2011年2月27日にも発生しています。この時は、02:23にM4

関東地方東北沖で約1000年前に大地震

約1000年前の関東地方東方沖での大地震が確認されました。 約1000年前に関東地方東方沖で大きな津波被害を伴う地震があったことが確認されました。9月3日の発表で、国立研究開発法人産業技術総合研究所の活断層・火山研究部門の海溝型地震履歴研究グループ及び同地質情報研究部門などの共同研究で、「千葉県九十九里浜沿岸において歴史上知られていない津波の痕跡を発見し、それが房総半島沖で発生した巨大地震による

サブリミナル効果を使った支配の失敗

21:04 2021/09/03 サブリミナル効果を使った支配の失敗 サブリミナル効果を使ったマインドコントロールが行われている。つまり、視覚で読み取ることが出来ない程度の短時間、メッセージや模様をテレビやパソコン、スマフォなどの画面に表示することで、見ている人の行動をコントロールする技術だ。1970年代の心理学ではこのサブリミナル効果を使った催眠はかなり効果があると説明されていた。しかし、多分