検索
  • taked65

現在の気候変動の本質は海のプレートの動きの活発化

更新日:2019年9月20日

温暖化が現在起こっているとするとそれに対する対策は温暖化ガス詰まり二酸化炭素ガスの排出量を削減になります。 しかしこれは明確な誤誘導です。 現在起こっていることは基本的に海のプレートの動きが非常に活発化してるということです。 この現象の原因は次のようなことであると考えられている様子です。 銀河系の中で一種の宇宙線が非常に多い地域に太陽系が今あって、そのため太陽の活動性は低下をし、しかしながら地球の内部のマグマの活動性は上昇をするという状況になっているということです。 一種の宇宙線が、太陽活動においてはその活動性を弱め、 地球においては、その活動性を高めるということになりますが、 太陽は 水爆と同様に 原子核の融合であり、地球で起こっていることは核崩壊ですから、特に矛盾はありません。 この結果、太陽からの日射量はどちらかと言うと減少傾向にあり、そして地球の表面を覆うプレートが大きく動いていて、結果的にそれが海水温度を上げ大気中の水蒸気量を増加させている。 そして大火山噴火や大地震を今後かなり長い期間起こしていくだろうということです。 その意味で、 温暖化と言ってしまうのは非常に世論の誤誘導になってしまうと思います。 日本が今取り組むべきは大地震対策と大津波対策、 大噴火対策 、そして何よりも、 大噴火の結果太陽日射の量が減ることによる気温低下に備えて エネルギーと食料の自給率を上げることではないかと思います。  

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件