検索
  • taked65

日本郵政 の問題

最近かんぽの 勧誘の不正についての報道がかなり大きくされています?

然しながら 抜けている点があります。

それはいつ頃から強引な 保険の勧誘が始まっていたのかという点です。

ひょっとしたら郵政民営化の前の段階からこういった保険の不正が行われていた可能性があります。

つまり郵政民営化の前提として簡易保険で不法な行為をしても利益を上げるのだという体制が作られていた可能性です??

なぜいつ頃から保険勧誘についての不正が行われてきたのかという点についての検証がされていくようには見えないのか、非常に疑問に思います。

そしてこういった事について竹中平蔵氏はなぜ発言をされていないのでしょうか?

一気に郵政事業全体が埋まってしまう可能性があります。

つまり現在郵便配達についての業務の黒字化が確保できている地域は都市部のみだからです。日本のほとんどの地域は郵便事業について赤字です。

仮に保険がこのまま大幅な黒字を 維持できなくなれば、郵政事業全体が一気に行き詰まってしまう可能性があります。

結果的に郵政全体を国営に戻したとしても、すでに積み上がった財政赤字により国全体の破綻が起こった時には、その崖がより高くなるだけです。

まるで、郵政民営化は郵政物件の土地転がしにより一部の者たちが利権を得るためにのみ行われたように見えてしまいます。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナはコウモリ由来なのだろうか?

新型コロナウイルスは中国のコウモリから人間へ感染性を獲得したと言われていますが本当でしょうか。 もしこれが本当なら 人間からコロナウイルスが方向を逆にして感染を拡大をしていることがあってもいいはずです。実際にフェレットは北欧で新型コロナにかかったとして何十万匹もが処分をされました。しかし中国でコウモリ狩りが行われているという話は出てきていません。コウモリは関係がない。 インドの研究者の方たちが発表

2021年1月7日の地震の起こり方:東日本でかなり大きな地震

2021年1月7日の地震の起こり方 本日1月7日07:15のHi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値がかなり減少しています。前回ほぼ同程度まで減少した12月17日同時刻には、同日夕方に茨城県南部M4.6、最大震度4、翌日12月18日には伊豆大島近海M5.0、最大震度5弱が発生しています。しかし、今回は次に述べる状況があり、より大きな地震になる可能性が高いです。 先ず、Hi-ne

2021年1月4日の地震の起こり方

Hi-net自動処理震源マップ最新七日間で昨日1月3日に比べて本日1月4日の07:15の東日本の値が約300減少しています。2387から20072への減少です。本州中部も同程度の減少です。西日本は100減少していません。 そのため本日から明日にかけて関東から中部で比較的大きな地震が起きる可能性が高いです。

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com