検索
  • taked65

日本郵政 の問題

最近かんぽの 勧誘の不正についての報道がかなり大きくされています?

然しながら 抜けている点があります。

それはいつ頃から強引な 保険の勧誘が始まっていたのかという点です。

ひょっとしたら郵政民営化の前の段階からこういった保険の不正が行われていた可能性があります。

つまり郵政民営化の前提として簡易保険で不法な行為をしても利益を上げるのだという体制が作られていた可能性です??

なぜいつ頃から保険勧誘についての不正が行われてきたのかという点についての検証がされていくようには見えないのか、非常に疑問に思います。

そしてこういった事について竹中平蔵氏はなぜ発言をされていないのでしょうか?

一気に郵政事業全体が埋まってしまう可能性があります。

つまり現在郵便配達についての業務の黒字化が確保できている地域は都市部のみだからです。日本のほとんどの地域は郵便事業について赤字です。

仮に保険がこのまま大幅な黒字を 維持できなくなれば、郵政事業全体が一気に行き詰まってしまう可能性があります。

結果的に郵政全体を国営に戻したとしても、すでに積み上がった財政赤字により国全体の破綻が起こった時には、その崖がより高くなるだけです。

まるで、郵政民営化は郵政物件の土地転がしにより一部の者たちが利権を得るためにのみ行われたように見えてしまいます。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件