検索
  • taked65

新規感染症感染拡大の可能性

多剤耐性を持った環境中で長期間生存できる細菌の感染拡大の可能性

カンジダ・アウリス(candida auris)という菌がアメリカのテキサス州とワシントンDCで感染拡大を起こしているという報道が722日にアメリカで出ています。
免疫機能が落ちた人々に感染し、30日間での致死率は30%とされています。(以上は CBS NEWS のOutbreaks of a drug-resistant superbug fungus spread in two U.S. cities, CDC reports.から)

新型コロナウィルスは免疫機能を破壊することが確認されているため、今後、この細菌が感染拡大をする可能性があります。

(以下は、2017年に公表の記事「カンジダ・アウリス(Candida auris)感染症ー初の真菌性新興感染症」から)
カンジダ・アウリスは、酵母菌の一種で、傷口から感染し、血液中で増殖して、30%以上の致死率がある疾患(カンジダ血症)をもたらすとされています。多剤耐性があるため、治療が困難であり、また、環境中で生存する期間が数日よりも長いため(数か月に渡って環境中で生存する可能性がある様子)、今後、爆発的な感染拡大が起こる可能性があります。また、「分子生物学的手法を用いない限り(つまり日常的に用いられる生化学的検査法では)菌種同定が不可能」であり、いわゆる遺伝子の並びを直接見ることでしかこの酵母菌の同定は出来ないようです。
興味深いことに、この菌には4つの遺伝子型(クレード)が見つかっていて、しかも、「最近になって単一クローン株が世界的に蔓延したというよりはむしろ各クレードのクローン株が世界の少なくとも4つの地域でほぼ同時に独立的に出現した可能性が強く示唆される」とされています。

この4地域とは、南アジア(インド・パキスタン・マレーシア)、南アフリカ、南米(ベネズエラ)、東アジア(日本・韓国)であり、自分としては、人種別に感染の様子がどうなるかを実験した可能性があると思います。
ひょっとすると、これが物資の輸送、つまり、貿易を止めるためのものである可能性があります。大豆やトウモロコシ、小麦などの輸送に影響を及ぼすかどうか、その確認が必要だと思われます。
閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件