検索
  • taked65

新型コロナワクチンとADE

新型コロナワクチンとADE

新型コロナのワクチン担当であられる河野太郎行革担当大臣が624日に自身の公式ブログ「ごまめの歯ぎしり」で「ワクチンデマについて」という記事を書かれています。

ADEについては、

>「ADE(抗体依存性増強現象)が起こる」ワクチンや過去の感染により作られる抗体が、ウィルスの感染を増強してしまうことをADEといいます。
>デング熱ワクチンやSARSワクチンでこのようなことが起きたことがあります。
>しかし、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンでは、高い中和作用がある抗体とバランスのよいリンパ球の動きが確認され、動物実験でもADEは観察されず、大規模な治験においてもADEの報告はないことから、新型コロナワクチンに関して、ADEの可能性は考えにくいとされています。

と述べられています。

しかし、これ、今後の危険性についてあまりに楽観的ではないでしょうか。3年前の2018年に、この新型コロナのようなウィルスの登場とそれによるパンデミックを誰が予測していたでしょうか。

ADEは新たな変異株によって起こるのです。今までその事例がないからと言って、今後発生が無いとは言えないのです。今後、ADEを起こす新たな変異株が出てこないとは誰も断言が出来ません。

ADEが起こる仕組みは、ウィルス感染の仕方がある程度複雑で、その過程に一部の抗体が干渉してしまうことにあります。つまり、ウィルス感染の仕方が単純であればADEが発生する可能性はないと言えます。そして、コロナウィルスは一般的にウィルスそのものの大きさが他のウィルスと比較して大きく、感染の時に使われる人間の細胞表面に対する架橋部分が大きいため、その部分の作りが比較上複雑であり、ADEが起こる可能性が高いのです。実際、同じコロナウィルスである、SARSのワクチンでADEが起こっていますし、MERSのワクチンでも起こっているのです。そして、だからこそ、「ADEの可能性は考えにくいとされています」と書かれていて、「起こらない」とは断言されていないのでしょう。

問題は、ファイザー社やモデルナ社から出されている注意書きに、「ADEの可能性がある」という趣旨の言及があることです。そのため、少なくとも日本でも、その可能性があることをきちんと接種会場でのポスターや、接種券の郵送時に書類に明記して周知する必要があるのです。このままでは行政に対する非常に大きな不信が一般市民に作られていくと思います。また、一般市民の何割にもなる犠牲がどんどんと出ていく可能性もかなり高いと思われます。

自分は、616日に鹿児島県議会に、新型コロナワクチンでのADEの可能性について、その可能性があることを文書できちんと周知するべきだという陳情を出しています。このほぼ直後である624日に新型コロナワクチン担当大臣であられる河野太郎氏がこういったブログを書かれているのは偶然ですが、非常に興味深いタイミングです。
閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件