検索
  • taked65

新型コロナウィルスの感染拡大にどう対処するか

新型コロナウィルスの感染拡大にどう対処するか 新型コロナウィルスによる新型肺炎は普通の風邪やインフルエンザと見分けが付かないため、既に日本を含めた世界中でかなり感染拡大をしている可能性が相当に大きいと思います。 日本の場合は、首都直下地震などが起こってしまい、一気に社会情勢が変化してしまう可能性が高いのですが、仮にそういった自然災害が起こらないとしても、今回の新型肺炎の影響は大きいと思われます。 封じ込めには基本的に人の集まりを抑制する必要があり、会社や工場での作業が困難になります。更に、今後、空気感染するという話になる可能性が高く、そうなると、マスクでの感染防止があまり意味のないものになってしまいます。病院での受け入れも、いわゆる陰圧室でしか受け入れが出来ないようになり、陰圧室の数そのものが非常に少ないため、99%以上の患者が陰圧室での看護を受けられず、一般病棟での入院となり、結果的に感染拡大が病院で起こることになると思います。 日本からの輸出が一気に減少する可能性が高いです。そうなると、貿易赤字が急激に増加するでしょう。また、いわゆる海外での儲けが日本に還流することも海外での景気が一気に悪化してしまい、経常収支も一気に悪化する可能性がかなり高いと思います。結果的にドルに対して相当な円安になると思われます。 そうなると、海外依存度の高い生活必需品の値上がりが問題です。食料や化石燃料の値段上昇が非常に大きくなってしまうはずです。少なくとも食料については国内で増産することが出来るわけで、その準備をなるべく早くすることではないでしょうか。少なくとも肥料などの備蓄を今のうちにすることです。また、耕作放棄地について、石油や軽油などがまだ不足していない今のうちに耕作が可能な状態にトラクターなどで整地しておくことも必要だと思います。 新型コロナウィルスについては、ミツバチ生産物のプロポリスの水溶液を口の中に30分に一度程度噴霧することでかなり感染を防げるはずだと思います。プロポリス製品についてはかなり粗悪品も出回っている様子ですが、国内で生産することは十分に可能です。まずは、新型コロナウィルスに対してのプロポリスの効果の検証をきちんとしておくことも考慮されていいと思います。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件