検索
  • taked65

新型コロナはコウモリ由来なのだろうか?

新型コロナウイルスは中国のコウモリから人間へ感染性を獲得したと言われていますが本当でしょうか。 もしこれが本当なら 人間からコロナウイルスが方向を逆にして感染を拡大をしていることがあってもいいはずです。実際にフェレットは北欧で新型コロナにかかったとして何十万匹もが処分をされました。しかし中国でコウモリ狩りが行われているという話は出てきていません。コウモリは関係がない。

インドの研究者の方たちが発表したエイズウイルスと新型コロナの糖タンパクに4箇所共通の遺伝子組み込みがあるという話について、それが間違っているという形の論文発表はないように思います。ファクトチェックで素人が否定をしているだけ、または少し専門家に毛の生えたような人が否定をしているだけです。



このお正月明けにあった NHK の新型コロナの特集番組では、ウィルスの系統樹について調べて中国が発生源だというような話を流していましたが、変異の数を数えるとアメリカが最も多いということがやはり昨年の秋ぐらいに報道に上がっていたはずです。つまり変異が多いということは、それだけ長い期間感染拡大を続けているという意味であり、中国よりもアメリカで最初に感染拡大が起こっていた可能性が高いのです。 なぜそのことをに NHK が触れなかったのか非常に疑問に思っています。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件