top of page
検索
  • taked65

寒冷化した社会とは!

更新日:2019年8月29日

海のプレートの沈み込みが今後も続くため、海面温度が高い状態が続く。

しかし、陸域での大規模火山噴火が続くため、日射が火山から噴出したガスなどで遮られ、気温が低い状態が継続する。

結果的に、大雨や洪水が起こりやすい。

また、海のプレートの沈み込みが継続するため陸のプレートにかかる海のプレートからの圧力が大きくなり、陸域での大地震が頻発する。

同様に、火山噴火も続発する。

以上のことから、太陽光発電は、長雨に加えて、パネルの上に火山灰が積もるため効率が半分以下に低下することが分かる。

風力発電も、カミナリや巨大台風により被害を受ける。

残るは、地熱発電だけと言え、それゆえ、アメリカはシェール開発をやってきている。つまり、水圧破砕技術と水平掘削技術の普及のためだ。これらの技術は、高温岩体発電の基幹技術でもあるからだ。

もちろん、バイオマスとか潮力発電、波力発電もあるが、規模の問題があったり、まだ未完成な技術であったりする。

地震や噴火、洪水が相次いで発生し、しかも気温が低く、食料不足が常態化する。

人間社会は、根本的にその在り方を再考する必要が出てくる。


なお、紫外線が弱まり、ウィルス感染が広がる可能性がある。中世ヨーロッパの黒死病(ペスト)の流行は紫外線が弱まった結果と考えられる。

武田信弘

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月29日に発生した神奈川県西部の深発地震の影響: 1月29日21:20、神奈川県西部で震源深さ約150km、マグニチュード4.8が発生。気象庁の震度データベースで調べると、神奈川県西部で震源深さ150㎞よりも深い地震では最大のマグニチュードであった。このデータベースは1919年以降のものなので、約100年間で最大のものとなる。 同データベースで神奈川県西部、震源深さ150㎞よりも深い、M4.0以

大地震の可能性について あくまで可能性ですが、二つの異常値が出ていて、大きな地震が関東付近で切迫している可能性が高いです。 Hi net 自動処理震源マップの最新24時間、日本全国広域の N =の値が今朝05:45で227、東日本が138でした。07:15ではそれぞれ226、136でした。 これらの通常値はそれぞれ300前後、200前後であり、相当の減少です。 大きな地震が起こる前は減少する

今後のアメリカの政局 ナンシーペロシ議員の再戦が既に決まっている。そのため民主党によるトランプ前大統領に対する弾劾が行われていくはず。 結果的に トランプさんが例えば刑務所へ収容されるようなことになれば、それを不満に思う共和党支持者がかなり多く出てくるはず。 これが大きなアメリカ社会の不安定要因になる可能性が高い。 つまり共和党系の民兵の方たちが それぞれ勝手に民主党の地域の選挙事務所等を襲うと言

記事: Blog2_Post
bottom of page