検索
  • taked65

寒冷化した社会とは!

更新日:2019年8月29日

海のプレートの沈み込みが今後も続くため、海面温度が高い状態が続く。

しかし、陸域での大規模火山噴火が続くため、日射が火山から噴出したガスなどで遮られ、気温が低い状態が継続する。

結果的に、大雨や洪水が起こりやすい。

また、海のプレートの沈み込みが継続するため陸のプレートにかかる海のプレートからの圧力が大きくなり、陸域での大地震が頻発する。

同様に、火山噴火も続発する。

以上のことから、太陽光発電は、長雨に加えて、パネルの上に火山灰が積もるため効率が半分以下に低下することが分かる。

風力発電も、カミナリや巨大台風により被害を受ける。

残るは、地熱発電だけと言え、それゆえ、アメリカはシェール開発をやってきている。つまり、水圧破砕技術と水平掘削技術の普及のためだ。これらの技術は、高温岩体発電の基幹技術でもあるからだ。

もちろん、バイオマスとか潮力発電、波力発電もあるが、規模の問題があったり、まだ未完成な技術であったりする。

地震や噴火、洪水が相次いで発生し、しかも気温が低く、食料不足が常態化する。

人間社会は、根本的にその在り方を再考する必要が出てくる。


なお、紫外線が弱まり、ウィルス感染が広がる可能性がある。中世ヨーロッパの黒死病(ペスト)の流行は紫外線が弱まった結果と考えられる。

武田信弘

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件