検索
  • taked65

安倍晋三首相の辞任に寄せて

安倍晋三首相の辞任に寄せて

とても残念に思います。せめて、総裁任期いっぱいまでは勤めて頂きたかった。

今後、健康を回復されて元気に活躍されることを期待しています。


今後の財政破たんに備えて、自給率の低い品目の国産化促進が喫緊の課題です。エネルギーと食料の自給率を高めることです。そして、より大きくは、入試不正・試験不正が地下で非常にはびこっていて、それが科学の乗っ取りだけでなく、世論の乗っ取りにもなっていることが大変に危惧されます。森友問題が典型ですが、実態を考えれば単なる難癖でしかないものが首相の落ち度であるといつまでも囃されることの異様さは、今後の日本社会全体が直面する大きな問題、つまり、大きな社会混乱が避けれないことを明確に示していると思われます。日本社会全体が本来の問題の姿をそもそも認識すらできず、頓珍漢な対応を続けて、人間の腐乱死体が街中に平気で放置される社会になって行くのではと考えざるを得ません。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件