検索
  • taked65

多発する宮城県沖地震

多発する宮城県沖地震 本日9月12日11時44分頃、宮城県沖でM6.1、最大震度4が発生しました。同日13時現在までに宮城県沖地震では余震が5件発生しています。 2020年09月12日11時44分頃 宮城県沖 M6.1 4 2020年09月12日11時50分頃 宮城県沖 M5.0 3 2020年09月12日12時00分頃 宮城県沖 M4.2 1 2020年09月12日12時03分頃 宮城県沖 M4.1 1 2020年09月12日12時31分頃 宮城県沖 M3.7 1 2020年09月12日12時49分頃 宮城県沖 M4.6 2 ほぼ同じ震源地で発生していて、Hi-net高感度地震観測網のAQUAシステムメカニズム解カタログにはM6.1、M5.0、M4.6の震源球が記載されていて、前2者は全く同じ震源球で、最後のM4.6もほぼ同じような震源球です。また、最後のM4.6でそれ以前の3件よりもMが大きくなっているため、今後も地震が続いて起こる可能性があります。 宮城県沖でM6以上は今年4月20日にも発生しています。しかしこの時にはM6.1が05:39が発生した後、約5時間後の10:49にM4.2が発生しただけで、その後は4月22日にM4.3が発生していました。 更に前の宮城県沖M6以上は、2015年5月13日で、M6.8が発生しています。しかし、この時、宮城県沖で24時間以内の震度1以上地震の発生は1件もありませんでした。 震源球に注目すると、本日の宮城県沖地震3件も、今年4月22日のM4.3も、2015年5月13日のM6.8も全て逆断層型でほぼ東西方向に圧縮軸のあるものでした。そのため、どれも太平洋プレートからの西向き圧力によって起こっている地震であることは明らかです。 震源深さについても上に挙げたM6以上3件はどれも40キロから50キロ程度の深さで共通しています。 震源球や震源深さが同じで、本日の宮城県沖地震のみが余震が多く発生しているのは、かなり広い範囲に太平洋プレートからの西向き圧力が宮城県沖付近にかかっていることを示しているはずで、宮城県沖、或いはその周辺の地域でより大きな地震が発生する可能性があります。今後1週間程度は注意するべきだと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月12日の19時頃にペットボトルのビタミン飲料を一口飲み、その後10分程度してから、おへその回りの胃腸が急激に痛み出しました。納豆と干し梅を食べ、ビタミンCの缶飲料を飲みました。 しかし、痛みは全く収まらず、22時頃に納豆と干し梅は全量吐きました。 胃腸が捻れるような痛みでした。徐々に、痛みがおへその辺りから足の付け根の方に移って行きました。 9月12日の痛みが出た後、13日になる前に2回排便が

https://ameblo.jp/taked65/entry-12752385921.html に、19件のコメントをしてあります。 こちらのWIXの記事は、ログイン状態でもコメントが出来ません。誰か一方的に制限をしているのです。

2022年7月8日11時30分頃に奈良市内で街頭演説中の安倍元総理大臣が銃撃を受けました。 12時20分頃に奈良県立医大に搬送されたという話です。しかしながら13時現在でやっとその搬送されたという報道が始まっていました。いくつかの点でその他にも疑問点があります。散弾銃で2発打たれたということです。一発目の散弾銃の発射では特に様子におかしいなことはなく、二発目の音と同時に倒れたという風に言われていま