検索
  • taked65

告発の証拠文書


IMG_20181223_0001蒸気条件コンサル不存在
.pdf
Download PDF • 2.50MB

IMG_20181221_0001JOGMEC補助金支給
.pdf
Download PDF • 5.35MB

IMG_20181206_0002モニタリングと電磁探査の支出命令書
.pdf
Download PDF • 2.10MB

上のリンクから公文書開示請求で開示された文書を読むことができます。

公文書には、市長公印、文書記号・文書番号・相手方の肩書と氏名が必ず付きますが、そういったものが欠けているものがあります。

また、契約書に市長公印が押され、印紙も貼られているが消印は押されていず、しかも相手方企業の印鑑が押されていないものがあります。

また、JOGMECの職員が東京から3000万円を超える現金を東京から持参して、指宿市市役所内の金融機関窓口で指宿市の口座へ振り込んだという領収書が開示されています。



676回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関東付近での大きな地震の可能性

伊豆諸島付近から千葉県でのかなり大きな地震の可能性 最近の関東付近での地震予測はかなり難しいというか、当たらないことが多いので、今回も空振りになる可能性が高いと思いますが、一応、以下のような根拠というか、前兆があるため、伊豆から千葉県、または茨城県北部でのかなり大きな地震の可能性があると思います。期間はこの24時間から数日です。 1.広島県北部を震源とするM3.9、最大震度4の地震が起こっている

2021年4月10日のトカラ列島近海地震多発について

2021年4月10日のトカラ列島近海地震の頻発について 要約:やはり気にかかるのは今年になってから発生した福島県沖と宮城県沖のM7規模の地震です。 2021年02月13日23時08分頃 福島県沖 M7.3 最大震度6強   2021年03月20日18時09分頃 宮城県沖 M6.9 最大震度5強 311大地震の直前、2011年2月に岐阜県飛騨地方での震度1以上地震の多発がありました。2

2021年4月関東地方の地震数減少予測

2021年4月1日から7日までの地震の起こり方まとめ 地域別の地震数で関東の地震数減少が顕著 4月7日までのデータを30日換算するために、30:7=X:Aから、X=A×(30÷7)=A×4.3で計算。 関東と東北を比べると、東北でM7規模の地震が2月に福島県沖、3月に宮城県沖で発生しましたが、関東の地震数は1月とほぼ同じ件数の発生が継続しました。普通は近隣地域で大きな地震があると、そこでプレート

 

080-7989-8627

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com