検索
  • taked65

口永良部島の噴火と伊豆小笠原及び関東での大地震

口永良部島の噴火と伊豆・小笠原海溝付近や関東での大地震 2020年3月3日に口永良部島の火山性地震がこの4日間で400回を超えるほど起こっていると言う報道がされています。2015年5月29日の噴火以来の活発さだとされています。 2015年5月29日の噴火では噴煙が9000m程度まで上ったとされ、かなり大きな噴火でした。そして、この翌日である2015年5月30日、小笠原諸島西方沖で震源深さの非常に深いM8地震が発生し、日本全国の都道府県で震度1以上を観測したのです。 2015年5月の関東地方から伊豆・小笠原諸島付近の震度1以上地震を気象庁の震度データベースで調べると、伊豆・小笠原付近で相当数の地震が起こっていたことが分かります。 また、この2015年5月から6月にかけては箱根付近で震度1以上の浅い地震が多発しました。気象庁の発表では震源地名が神奈川県西部です。 更に、2015年9月12日には東京湾でM5.2、震源深さ57km、最大震度5弱が発生しています。 口永良部島の噴火は、基本的に太平洋プレートの西向き圧力が伊豆・小笠原海溝付近からフィリピン海プレートへ伝わり、その結果、マグマだまりへの圧力が高まって、噴火しているのだと思います。伊豆・小笠原海溝付近での太平洋プレートの沈み込み活動が活発化すると、関東付近の陸のプレートへの太平洋プレートやフィリピン海プレートからの圧力伝達が大きくなり、それが陸のプレート内での地震を起こすのではないでしょうか。 つまり、今後、仮に口永良部島で噴煙が9000m以上になるような大きな噴火が起こると、父島とか八丈島付近でM7以上地震が起こるはずですし、更に、東京湾北部地震などの関東の陸域ののM6程度以上が起こる可能性が高くなると思われます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナはコウモリ由来なのだろうか?

新型コロナウイルスは中国のコウモリから人間へ感染性を獲得したと言われていますが本当でしょうか。 もしこれが本当なら 人間からコロナウイルスが方向を逆にして感染を拡大をしていることがあってもいいはずです。実際にフェレットは北欧で新型コロナにかかったとして何十万匹もが処分をされました。しかし中国でコウモリ狩りが行われているという話は出てきていません。コウモリは関係がない。 インドの研究者の方たちが発表

2021年1月7日の地震の起こり方:東日本でかなり大きな地震

2021年1月7日の地震の起こり方 本日1月7日07:15のHi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値がかなり減少しています。前回ほぼ同程度まで減少した12月17日同時刻には、同日夕方に茨城県南部M4.6、最大震度4、翌日12月18日には伊豆大島近海M5.0、最大震度5弱が発生しています。しかし、今回は次に述べる状況があり、より大きな地震になる可能性が高いです。 先ず、Hi-ne

2021年1月4日の地震の起こり方

Hi-net自動処理震源マップ最新七日間で昨日1月3日に比べて本日1月4日の07:15の東日本の値が約300減少しています。2387から20072への減少です。本州中部も同程度の減少です。西日本は100減少していません。 そのため本日から明日にかけて関東から中部で比較的大きな地震が起きる可能性が高いです。

080-7989-8627

©2019 by 武田信弘のホームページ. Proudly created with Wix.com