検索

北米西岸で M 8以上地震の可能性

北米西岸で M 9地震の発生が意外と近い可能性がある。

環太平洋火山帯で M 9地震が連続して起こる可能性が非常に高い。

2004年にスマトラ島沖 で M 9が発生をした。

2011年には東北沖で M 9が発生をした。

1960年には南米西岸で M 9が発生をしている。

以上のことから M 9地震の発生領域で最近発生がないのは北米西岸のみと言っていい。

近い将来の 北米西岸でのM 8以上地震を予測する根拠は二つある。

一つはイエローストーンで地震 が震源深さ20 km 以上でマグニチュード3程度のものが起こってきている事だ。

もう一つは北米西岸でも地震の起こり方が変化をしてきていて、M 6以上が すでに起こってきていること 。

イエローストーンでの地震はマグマだまりでもマグマの圧力がかなり大きくなっていることを表している。

北米西岸のオレゴン州沖合での地震 は この地域の海のプレートが 大きく動き出してることを表している。 そもそもハワイで地震が相次いでいることは 太平洋プレートの下側で 相当に熱が発生をしてることを意味している。 海のプレートの下で熱がたまれば 海のプレートの動きは大きくなる。

首都圏での M 7から M 8 よりも北米西岸での M 9が早く来る可能性がかなりある。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月5日及び6日の地震予測

6月5日から6日までの地震予測: 日本全国の震度1以上地震の最新7日間5月29日から6月4日を見ると、全国で23件、その内関東が6件で地方別では最多です。しかも、東北は2件しか発生が無く、関東と東北で起こり方がかなり不均一になっています。 更に、6月の4日間だけを見ると、東北は2件ですが関東は1件しかありません。6月の4日間だけを見ても、関東と東北の不均一が目立ちます。 また、6月4日は陸域だ

関東地震に注意

関東地震に注意! 5月29日(土)08:15現在で、震度1以上の地震の発生が32時間ありません。この5月は5時間に1件の割合で震度1以上地震が起こっているため、6件分の地震発生が止まったままです。 比較的大きな地震が起こりやすくなっているため、ある程度注意が必要だと思います。 *8:43 2021/05/29追記:8:21に茨城県沖M5.3が発生してしまいました。ほぼ東西圧縮の逆断層型です。太

Hi net 自動処理震源マップ最新24時間 N=の値が大幅増加

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」のN=の値に異常が出ています。 今朝07:15と19:15値は次のようなものでした。 Hi-net自動処理震源マップ「最新24時間」のN=の値 5月28日 07:15→19:15 日本全国広域:235→295(増加:60) 日本全国拡大:235→295(増加:60) 北海道   :025→018(減少:07) 東日本   :155→204(