検索
  • taked65

北海道東部の地震多発と九州本土周辺の地震減少

北海道東部の地震多発と九州本土周辺の地震減少 9月1日から9日までのデータを3倍して最新30日間のデータを推定すると、北海道は通常の2倍程度の多発であり、九州本土周辺は通常の半分から3分の1に減少しているように見えます。 北海道の地震増加は主に北海道東部で起こっていて、明確に311大地震の北隣の震源域での地震活動活発化を示していると思えます。 また、九州本土付近での地震数減少は、フィリピン海プレートへ太平洋プレートからの西向き圧力の伝達が、伊豆諸島付近で止まってしまっているからだと思えます。伊豆諸島付近の緯度は九州本土とほぼ同じ緯度です。 また、本日08:45のHi-net自動処理震源マップの「最新24時間」を見ると、房総半島の南方沖に5から6個のドットがあり、伊豆諸島付近での地震が起こりやすくなっていると思います。更に、「最新7日間」で「茨城県」は昨日07:30が429、今朝07:00が483と54もの大幅増加です。関東付近はほぼ同じような傾向であり、本日から明日にかけて関東付近で 比較的 大きな地震が起こりやすいと思えます。 北海道: 気象庁震度データベースで2018年10月1日から2020年9月9日までの北海道地震(53地域)の月別回数表を出力させると次のようになりました。 なお、胆振地方中東部地震M6.7が2018年9月6日に発生していて、9月には震度1以上を観測する胆振地方中東部地震が272回ありました。10月は34回、11月は13回、12月は4回もありました。そのため、2018年9月から12月まではこれらの胆振地方中東部地震を除いた回数に変えてあります。 北海道:但し、2018年9月から12月は胆振地方中東部地震を除外。 2018年 01月:12回 02月:08回 03月:17回*3か月合計:37回 04月:14回 05月:07回 06月:10回*3か月合計:31回 07月:13回 08月:08回 09月:13回*3か月合計:34回 10月:10回 11月:13回 12月:09回*3か月合計:32回 2019年 01月:12回 02月:18回 03月:11回*3か月合計:41回 04月:20回 05月:14回 06月:14回*3か月合計:48回 07月:10回 08月:11回 09月:09回*3か月合計:30回 10月:18回 11月:09回 12月:18回*3か月合計:45回:年間合計:164回 2020年 01月:13回 02月:11回 03月:13回*3か月合計:37回 04月:16回 05月:17回 06月:12回*3か月合計:45回 07月:10回 08月:15回 09月:11回(*9月9日まで) 10月: 11月: 12月: 本日は9月11日であるため、9月10日までの地震数11を3倍して30日換算をすると33となり通常の2倍以上の発生数となっていることが分かります。 更に、実際の発生の様子を見ると、震源地が北海道東部に偏っていることが分かります。北海道東部を日高山脈よりも東側と定義すると8月は58%ですが、9月は11日現在で83%にもなります。この地域は千島海溝沿いに位置していて、311大地震と同じように、プレート境界型地震が発生する地域です。このことは、日本気象協会の震央分布図を見るとはっきりと分かります。震央分布図の月別の「北日本」を9月のものとそれ以前のものとで比較すると、9月の震央分布が北海道東部に極端に偏っていることが分かります。 2020年08月01日19時18分頃 内浦湾 M2.4 2 2020年08月04日11時56分頃 浦河沖 M3.0 1 2020年08月07日22時39分頃 胆振地方中東部 M3.3 2 2020年08月08日23時13分頃 浦河沖 M3.7 1 2020年08月10日19時19分頃 浦河沖 M3.6 1 2020年08月11日16時20分頃 十勝地方南部 M3.9 2*北海道東部 2020年08月12日19時03分頃 国後島付近 M3.8 2*北海道東部 2020年08月14日17時17分頃 根室地方南部 M2.9 1*北海道東部 2020年08月21日04時51分頃 釧路沖 M4.5 2*北海道東部 2020年08月27日12時42分頃 釧路沖 M3.8 2*北海道東部 2020年08月27日23時15分頃 択捉島南東沖 M4.6 2*北海道東部 * 2020年08月29日20時55分頃 釧路沖 M4.3 1*北海道東部 2020年08月31日14時00分頃 留萌地方南部 M2.8 1 *08月:12件(陸域:4件、海域:8件)北海道東部:7件:58% 2020年09月01日13時37分頃 十勝地方南部 M3.7 3*北海道東部 2020年09月02日18時07分頃 浦河沖 M3.6 1 2020年09月02日19時35分頃 根室半島南東沖 M4.8 3*北海道東部 2020年09月04日08時58分頃 釧路沖 M3.7 1*北海道東部 2020年09月04日18時33分頃 釧路地方中南部 M3.5 1*北海道東部 2020年09月05日21時07分頃 北海道東方沖 M4.5 1*北海道東部 2020年09月06日14時51分頃 根室地方北部 M3.9 2*北海道東部 2020年09月07日10時19分頃 釧路沖 M4.0 2*北海道東部 2020年09月08日02時04分頃 網走地方 M2.6 1*北海道東部 2020年09月08日18時51分頃 十勝地方中部 M3.1 2*北海道東部 * 2020年09月09日21時05分頃 釧路沖 M3.0 1*北海道東部 2020年09月11日05時22分頃 檜山地方 M3.2 2 *09月11日まで:12件(陸域:6件、海域:6件)北海道東部:10件:83% 九州: 気象庁震度データベースで九州の月別地震回数表を出力させました。但し、奄美大島近海、トカラ列島近海、奄美大島北西沖、奄美大島北東沖の4地域を除いた36地域を指定したものです。 この9月は9日までの9日間で1件も発生がなく、明確に地震静穏化が起こっていることが分かります。このことは、日本気象協会の震央分布図の「西日本」の9月分を以前のものと比較することでもはっきりと分かります。 九州:但し南西諸島の奄美大島付近を除く。 2018年 01月:13回 02月:14回 03月:10回*3か月合計:37回 04月:15回 05月:21回 06月:18回*3か月合計:45回 07月:18回 08月:16回 09月:17回*3か月合計:51回 10月:14回 11月:12回 12月:24回*3か月合計:50回:年間合計:183回 2019年 01月:30回 02月:15回 03月:33回*3か月合計:78回 04月:07回 05月:28回 06月:27回*3か月合計:62回 07月:20回 08月:15回 09月:21回*3か月合計:56回 10月:07回 11月:13回 12月:20回*3か月合計:40回:年間合計:236回 2020年 01月:18回 02月:12回 03月:17回*3か月合計:47回 04月:10回 05月:16回 06月:16回*3か月合計:42回 07月:18回 08月:11回 09月:00回(*9月9日まで) 10月: 11月: 12月:

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

備蓄原油放出

アメリカバイデン政権からの備蓄石油の放出要請 バイデン政権から中国、韓国、インドと共に日本にも備蓄石油の放出の要請があったと言います。しかし、今回程度の石油価格上昇は過去に何度もあり、そのようなときにアメリカからの備蓄放出の要請があったことはありません。 なぜ、今回要請があったかというと、何といってもアメリカ政府は世界的に景気回復をなるべく早くやりたいからだと思えます。景気回復して、株価を上げ、多

関東付近で過去最大の地震が多発

311後最大、またはより長期間で過去最大の地震が関東付近で多発 ヤフーの地震情報サイトはマグニチュードの大きさで並べ替えが出来るので、これを使って調べたもの。但し、このサイトは2004年1月1日以降のデータベースであり、気象庁の速報値が記録されている。気象庁のサイトにある震度データベースは速報値ではなく、確定したもので、震源位置やマグニチュードなどが速報値とは異なる。 本日11月20日08時57分

北アメリカ大陸内陸部で24時間以内に M 4以上地震が6件発生

アメリカ合衆国本国及びメキシコで24時間以内にM4以上地震が6件発生! EMSCによると日本時間11月19日11:00現在で、過去24時間以内(UTCで2021-11-18 02:00~2021-11-19 02:00まで)にアメリカ合衆国本国及びメキシコでM4以上地震が6件発生している。 これには、アラスカとハワイは含まれていない。 時刻はいずれもUTCであり、日本時間はこれよりも9時間進んでい