top of page
検索
  • taked65

伊豆鳥島付近での津波を伴う大地震の可能性

伊豆鳥島付近での津波を伴う大地震の可能性が大きくなっています。

これが首都直下地震の引き金になり、今後急激に日本経済悪化となる事が予測されます。

備えとしては次の様な事があります。

1.輸入物価高が起こるので、それ等の物品の備蓄。

2.インフレによる国債発行の停止が起こる可能性があります。公的な支出に頼る割合が高い方たちはなるべく自給自足が出来る様にする必要があります。。

3.首都圏以外でも電力供給が止まる可能性があります。極端な円安が始まるからです。簡単には改善しないと思われるため、電力以外で炊事が出来る様にしておくべきです。

4.地域の生活力というか、生活必需品をどれだけ地域が自給出来るかが鍵になるはずです。自分が住んでいる地域で何が不足するかを予測しましょう。

5.電力が止まると水道も止まる可能性があります。特に高台に居住していたり、マンションの高層階に居る場合は可能性が大きくなります。

6.首都直下地震の影響は全国的に何年も続くはずです。短期的な備えだけでなく、長期的な対応も考えておく必要があります。

7.医療の必要性がある方たちはそれらが得られなくなった場合にどうするかをなるべく考えておくべきです。

8.現状で安定性のある仕事であっても首都直下地震が起こると存続が出来なくなる場合があります。自力でどれだけの生活が出来るかを考えておくべきです。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大地震の可能性について あくまで可能性ですが、二つの異常値が出ていて、大きな地震が関東付近で切迫している可能性が高いです。 Hi net 自動処理震源マップの最新24時間、日本全国広域の N =の値が今朝05:45で227、東日本が138でした。07:15ではそれぞれ226、136でした。 これらの通常値はそれぞれ300前後、200前後であり、相当の減少です。 大きな地震が起こる前は減少する

今後のアメリカの政局 ナンシーペロシ議員の再戦が既に決まっている。そのため民主党によるトランプ前大統領に対する弾劾が行われていくはず。 結果的に トランプさんが例えば刑務所へ収容されるようなことになれば、それを不満に思う共和党支持者がかなり多く出てくるはず。 これが大きなアメリカ社会の不安定要因になる可能性が高い。 つまり共和党系の民兵の方たちが それぞれ勝手に民主党の地域の選挙事務所等を襲うと言

9月12日の19時頃にペットボトルのビタミン飲料を一口飲み、その後10分程度してから、おへその回りの胃腸が急激に痛み出しました。納豆と干し梅を食べ、ビタミンCの缶飲料を飲みました。 しかし、痛みは全く収まらず、22時頃に納豆と干し梅は全量吐きました。 胃腸が捻れるような痛みでした。徐々に、痛みがおへその辺りから足の付け根の方に移って行きました。 9月12日の痛みが出た後、13日になる前に2回排便が

記事: Blog2_Post
bottom of page