検索
  • taked65

伊豆鳥島付近での津波を伴う大地震の可能性

伊豆鳥島付近での津波を伴う大地震の可能性が大きくなっています。

これが首都直下地震の引き金になり、今後急激に日本経済悪化となる事が予測されます。

備えとしては次の様な事があります。

1.輸入物価高が起こるので、それ等の物品の備蓄。

2.インフレによる国債発行の停止が起こる可能性があります。公的な支出に頼る割合が高い方たちはなるべく自給自足が出来る様にする必要があります。。

3.首都圏以外でも電力供給が止まる可能性があります。極端な円安が始まるからです。簡単には改善しないと思われるため、電力以外で炊事が出来る様にしておくべきです。

4.地域の生活力というか、生活必需品をどれだけ地域が自給出来るかが鍵になるはずです。自分が住んでいる地域で何が不足するかを予測しましょう。

5.電力が止まると水道も止まる可能性があります。特に高台に居住していたり、マンションの高層階に居る場合は可能性が大きくなります。

6.首都直下地震の影響は全国的に何年も続くはずです。短期的な備えだけでなく、長期的な対応も考えておく必要があります。

7.医療の必要性がある方たちはそれらが得られなくなった場合にどうするかをなるべく考えておくべきです。

8.現状で安定性のある仕事であっても首都直下地震が起こると存続が出来なくなる場合があります。自力でどれだけの生活が出来るかを考えておくべきです。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件