検索
  • taked65

ニュージーランドで M 8地震、世界的に M 5以上多発傾向

ニュージーランドでM8、世界的にM5傾向!

ニュージーランドで日本時間34日の午後11時ぐらいからM7以上地震が3件連続しています。最大のものは3件目の地震、M8で、日本時間428分とされています。現地時間では35日の未明から朝にかけての地震です。どれも海域での地震で、ニュージーランド北島の北端(赤道に最も近い地点)から北北東方向に1000キロ程度離れた地域での発生です。最初のM7から4時間余りで3件のM7以上地震が発生しました。

EMSCで見ると、世界的にM5以上地震がこの24時間で多発しているため、日本でも今後大きな地震が数日中に発生する可能性が高まっていると思います。

UTC(世界標準時:日本時間よりも9時間遅れる)での日別のM5以上地震の件数は次のようになっています。主な震源地を挙げています。世界中に分散して、M5以上地震が起こっていることに注目してください。

EMSC、M5以上:
304日:19件:ニュージーランドからバヌアツ付近17件、ギリシャ2303日:09件:ギリシャ4件、
302日:05件:台湾1件、千島海溝1件、マリアナ海溝1301日:03件:バヌアツ2228日:05件:アリューシャン1件、アフリカと南極の間の海嶺付近1件、バヌアツ付近2227日:04件:アイスランド1226日:05件:マリアナ海溝の南端付近2225日:03件:太平洋南極海嶺2224日:04件:アイスランド2件

M8が起こった付近でのM5以上地震多発ですが、ギリシャでもM5以上が2件発生しています。またUTCで33日には北極付近のユーラシアプレートと北アメリカプレートの境界付近でM5以上地震が発生しています。全体的に、北アメリカプレートとユーラシアプレートが大きく動き出していると思えます。このことは、アイスランドでのM4以上地震がこの1週間程度で多発していることからも言えると思います。

以下、UTCでの25日からの1週間ごとのアイスランド付近でのM4以上地震の件数の推移です。

ニュージーランド付近、M4以上
226日~304日:26219日~225日:10212日~218日:00205日~211日:00件

ニュージーランド付近での一連の地震の始まりは、UTCでの22410:05M5.6、震源深さ10キロの地震です。多発傾向が既に1週間以上継続しているため、今後もこの連鎖が続き、世界的に大きな地震の連鎖が今後も継続する可能性があります。

311大地震が起こった約1か月前の2011222日にはニュージーランドでM6.1が発生しています。今回も同じような経過を辿る可能性があります。

日本で危惧されるのは、この数日で千葉県東方沖地震の犬吠埼付近での地震が数か月ぶりに多発傾向になっていることです。
重たいものが跳んでくるような場所になるべくいないようにするなどの注意をしておくべきだと思います。
閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EMSCで見ると、South of NewZealand で本日5月17日M5.3の地震が発生。 EMSCのデータベースで調べると、この震源地では、本日のものを含めて3件しか発生がない。どれもM5以上。 2004年からのデータベースであり、かなり珍しい地震。 前回は2015年4月19日であり、同4月25日にはネパールでM7.8が発生している。

311の大地震の震源域の北よりも南で大地震が先に起こる。 311大地震は宮城県の牡鹿半島沖が震源域だった。この位置は、東日本の太平洋沿岸を南北に走る日本海溝のほぼ中央部にあたる。M9がこの緯度で発生したため、この南北の両隣でMが1程度小さい大地震が起こることは必然だとされている。つまり、海のプレートの一部が大きく沈み込めばその隣接地域でもかなり大きな沈み込みが起こらざるを得ないからだ。よって、北側

首都直下が迫っている可能性 以下のデータは全て気象庁のサイトにある震度データベースでのもの。 大地震の前には地震の静穏期が来る。例えば、2011年の311と、2016年の熊本地震の前には、次に見るような地震数の減少があった。 日本全国M6以上 2004年:020件 2005年:022件 2006年:015件、(3年間合計:57件) 2007年:021件、(3年間合計:58件) 2008年:019件